企業情報

60年以上に
わたる実績

60 年以上にわたり、ケプナー・トリゴー 社は、何千という企業を支援し、何百万という問題を解決してきました。あるメーカーが数百万ドルを節約し、ある証券取引所がITサービスを復旧させ、アポロ13号が宇宙から帰還するのを助けることができたのも、私どものサービスを活用しての成功事例と言えます。

ケプナー・トリゴー社は、問題の根本原因を突き止め、組織の課題を恒久的に解決することに特化した研修やコンサルティングを組み合わせたユニークなサービスを提供しています。 このように、弊社は皆様のビジネスを成功に導くお手伝いをさせていただきます。

成功に導くために私たちが伝えたいこと

スライド1

未来のために、柔軟性、適応性、回復力を備えた人材を育成することの重要性

社員の懸念に焦点を当てることで、企業は今日の新しい常態の中でレジリエンスと価値を高めるための具体的な対策を講じることができます。

スライド1

組織を守るための意思決定の敏捷性

私たちは、変化の激しい環境の中で仕事をしているため、迅速且つ柔軟な対応ができる人材を必要としています。組織の中で意思決定プロセスを共有することができれば、常に良い意思決定を迅速に行うことが可能になります。意思決定プロセスは、日々のシンプルな意思決定をサポートするだけでなく、幅広い目的を検討したりより多くの人の意見を取り入れたりすることもできます。

スライド1

迅速なインシデント対応の重要性
※インシデントとは:(事故の一歩手前の)重大な結果に繋がりかねない出来事や状況、異変、危機

ITシステムへの依存度が高い組織では、重大インシデントはあまり発生しませんが、万が一発生した場合には、迅速で計画的な対応が重要となります。重大インシデントが発生すると、解決に多額のコストがかかるため、対応時間の短さと問題への対応の質の高さが重要な鍵となります。

スライド1

KT決定分析による採用成功率の向上

構造化された意思決定プロセスは、多くの組織で標準的な採用手順となっています。これは、あらゆる種類の意思決定に対する分析的アプローチの価値を過小評価するものではありません。しかし、人事の意思決定は、独自の課題を伴う大きな取り組みです。ここでは、採用の改善に分析的アプローチをどのように活用できるかを紹介します。

企業理念

  • <顧客のために価値を創造する>

    私たちは、成果を確認できるものを提供するよう心がけています。私たちは、お客様と一緒に、目標を定めて持続可能な改善に優先的に取り組み、次に、提供された価値を測定します。

  • 価値観の多様性を大事にします

    私たちは、世界中の同僚やお客様の違いを大切にし、文化、教育、経験、背景を超えて情報を利用したり共有したりできるように努めています。

  • <信頼関係の構築>

    私たちは、他者への敬意、信頼性、個人的・職業的な誠実さを継続的に示し、構築していきます。

  • <熱意を持ってラショナル・プロセスを使用すること>

    私たちは、合理的なプロセスの使用と伝達を通じて、お客様や同僚にソリューションを提供するアイデアに対する意欲と情熱を奨励します。

  • <品質向上と革新的な問題解決>

    私たちは、サービスの質を継続的に向上させ、ビジネス上の問題に合理的な思考を適用するための新しい創造的なアイデアを模索していきます。

  • 人と組織がよりよく働くための情熱を持ちます

    ここまで、ケプナー・トリゴーのビジネスを支える価値観の核となる11の基本理念のうち、5つをご紹介しました。

     

    これらの信念は、私たちのすべての活動の原動力となっているので、11個すべてをご覧になってください。 ここを見る

システム改善による
世界トップレベルの
組織づくり

ケプナー・トリゴー社は、コンサルティングと能力開発(研修)プログラムを組み合わせて、企業のパフォーマンス向上を支援するグローバル企業です。

ケプナー・トリゴーは、「人」「プロセス」「技術」という3つの基本要素を統合して、重要なビジネス・システムのアーキテクチャとデザインを評価する独自のノウハウを持っています。

組織内のあらゆるレベルで使用される思考スキルは、リスクを最小限に抑えながら強みと機会を生かすために、あらゆるチームの敏捷性と適応性を生み出します。ケプナー・トリゴーのコアテクノロジーは、複雑さを克服し、問題を解決し、最善の意思決定を行うための、構造化された知的処理スキルを社員に身につけさせるように設計されています。私たちは60年以上にわたり、15の業界でクリティカル・シンキング・スキルの開発に携わってきました。これまでに数百万人の社員を対象に、企業の競争力向上につながる知的能力の開発を行ってきました。

プロセス

ケプナー・トリゴーは、プロセス・マイニングと価値創造の架け橋になります。私たちのユニークなスキルは、企業がプロセスをエンジニアリングし、チームの能力やテクノロジーの使用と調和させることを可能にします。ケプナー・トリゴーの初期診断とそれに続くコンサルティング・サービスは、業界をリードする企業が、製品、サービス、オペレーション、カスタマー・エクスペリエンスなどのすべての主要分野で品質レベルを最大化するために、プロセスの安定性から強化された敏捷性への移行を支援します。

テクノロジー

現代の変革のペースは、最終的には技術の応用に大きく影響されます。ケプナー・トリゴーは、システマティックなワークフローにおけるテクノロジーの活用を分析し、変革された職場で使用される知識の創造にどれだけ統合されているかを評価することを専門としています。人とプロセスのパフォーマンスが最適化された形でテクノロジーが統合されて初めて、システムは最大の成果を上げることができるのです。

プロセス
テクノロジー

なぜケプナー・トリゴーなのか?

3つの理由

01
01
クリティカル・シンキングを習得する

クリティカル・シンキングを習得する

クリティカル・シンキングを習得する

複雑さを明快さに変える

クリティカル・シンキングを習得する

隠された可能性を見出す

"弊社のサービスは、創造性を促進し、知性だけでなく直感をも増幅させるクリティカル・シンキング・スキルを養成します。状況を正確に把握し、問題を素早く解決し、最善の決断を下すといったスキルの向上は、競争の激しい世界において企業に大きな優位性をもたらします。"

レビュアー1
- Phillip Thompson
当社 グローバル・グロース
顧客サービス&マーケティング担当
統括本部長

私たちが提供するソリューション

  • 診断サービス

    ケプナー・トリゴーの診断サービスでは、定量的・定性的な様々な分析を行い、お客様のプロセス、人材、システム、測定能力を総合的に評価します。

  • ワークショップ
    (研修)

    ケプナー・トリゴーの能力開発は、データ、知識、経験を最適化して問題を解決し、意思決定を行い、優先順位を決め、リスクを管理する高度な思考スキルを構築します。ケプナー・トリゴーは、厳しい環境の中で目的を持って仕事をするための基盤を提供します。

  • コーチング

    ハイパフォーマンス・コーチングとは、すべての人が人生のあらゆる分野でその可能性を最大限に発揮できるように支援することです。コーチであるマネージャーにとって、これは仕事でのパフォーマンスを向上させるために人々と協力することを意味します。

  • コンサルティング

    ケプナー・トリゴーのコンサルティングは、構造化された分析プロセスと業界に対する深い洞察力を用いて、複雑な問題の解決を促進し、主要な指標に対して持続的な成果をもたらします。

  • ファシリテーション

    専門家によるファシリテーションは、感情が高ぶっているときに、チームが危機を解決するための公平なガイダンスを提供します。これにより、解決策を見出すための効率と効果が大幅に向上します。

私たちの専門分野

製造・オペレーション分野

  • 複雑な問題の解決
  • 根本原因究明(KT-RCA)
  • リスクマネジメント
  • 作業効率の改善
  • 継続的な改善
  • 問題の予防措置
製造・オペレーション分野

サービス分野

  • インシデント管理
  • 問題解決/原因究明
  • 適正評価
  • コーチング
  • ワークフロー管理
  • シミュレーション
製造・オペレーション分野

人事分野

  • チームの協力関係の強化
  • 問題解決のスピードアップ
  • リーダーシップ効果の最大化
  • 新入社員の受け入れ準備
  • 才能の伸ばし方
製造・オペレーション分野

事業紹介

業務効率の向上と
収益性の改善

より良く

組織の活動が複雑であればあるほど、行動に移すための分析的なフレームワークの必要性は高まります。私たちは、お客様と一緒になって状況を把握し、最良の結果を得るための方法を見極めます。分析的なフレームワークの中で協力しながら、データ、知識、ノウハウを駆使して、対象となるプロセスの改善と重要な問題の解決に焦点を当てます。私たちの使命は、成果を持続させ、測定可能な価値を提供することです。

より速く

スピードアップするためには、時にペースを落とすことも必要です。時間がない中で、コストがかさむと、推測や 無駄な行動をとっている時間はありません。私たちの分析的なフレームワークを活用することで、直ちに進むべき方向性を示し、必要な情報に焦点を当てます。不確かなものに振り回されることなく、目標を迅速に達成することができます。複雑な問題に対する体系的なアプローチは、ミスを最小限に抑え、最終的に正確さとスピードを両立させます。

より効率的に

私たちの分析的アプローチは、日常のあらゆる場面で、頭脳、経験、判断力、スキル、そして知識を駆使して対応します。利用可能なリソースをより効果的に活用することで、効率性と持続性を高め、複雑な問題を迅速かつ正確に解決することができます。私たちの効果的で的を射たアプローチは、お客様のコスト削減と収益の向上に役立ちます。

より良く
より速く
より効率的に

私たちの取り組み

コア・プロセス(KT法)
状況把握

状況把握とは、私たちが直面している複雑な問題を分解して理解するための分析的アプローチです。これにより、不確実性のある状況に秩序を与え、優先順位を確立し、良い結果を生む行動をいつ、どのようにとるかを決めることができます。

問題分析は、原因と結果を考えるためのフレームワークです。これにより、問題の影響を観察することから、その原因を理解することができ、問題を修正するための適切な行動をとることができ、不必要で、しばしばコストのかかる修正を避けることができます。

何を選択するべきか? 何かを選択しなければならないとき、決定分析は、最も成功の可能性の高い候補案を決定するための分析プロセスを提供します。

潜在的問題分析は、ある状況において、その先にあるものを考えるのに役立ちます。問題を予防したり、その影響を軽減するための行動を計画することで、未来を形作ることができます。

潜在的問題分析と同様に、潜在的好機分析では、未来を形成するために、先を見越して機会発生の可能性を促進し、それを最大限に活用することを目指します。

どのように「要素」を組み合わせて、一体として機能するよう調整していくのか

包括的な仕組みの改善

効果的な実施方法には、可視化された業務の流れと効果的なプロセスが必要です。

新しい環境に適応するためには、テクノロジーとの連携により、迅速かつ継続的な学習をサポートし、結果を得るまでの時間を短縮するよう柔軟性を必要とします。

統合された手法、工程、共通の言語化により、円滑な情報伝達、知識の生成、効果的な「フィードバック・ループ(PDCSサイクルも含む)」による継続的な業務改善が生み出されます。

投資効果最大化に向けての統合と調整の階層

あなたの会社を変革する準備はできましたか?

エキスパートへのお問い合わせはこちらから!

私たちエキスパートがいつでもお手伝いします

全地域
  • 北米
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 日本

取締役会

ケプナー・トリゴー社の取締役会は、KT法の思考方法と基本的な信念を継承し、国際社会の課題に取り組む革新的な組織として、多様で経験豊かな人々で構成されています。

会長、2009年より取締役
2011年より取締役
2021年より取締役
最高経営責任者(CEO)、2007年より取締役
社長(アジア太平洋地域)、2021年より取締役
社長(北米地域)、2021年より取締役

執行部
リーダー

執行部は、多様な専門知識とグローバルな事業展開を反映した構成になっています。

私たちの目標は、世界中の同僚やお客様との出会いを大切にし、世界中で実証されたソリューションを活用し、お客様との関係を最大限に深め、強固な信頼関係を構築することです。

最高経営責任者(CEO)、2007年より取締役
グローバル・サービスイノベーション&サービス・エクセレンス担当 統括本部長
グローバル・グロース顧客サービス&マーケティング担当 統括本部長
財務担当 統括本部長
社長(欧州地域)
組織人材・リーダーシップ開発担当 ディレクター
社長(アジア太平洋地域)、2021年より取締役
社長(北米地域)、2021年より取締役

コンサルタント

私たちは、問題解決のエキスパートであり、チャレンジ精神旺盛なグローバルで多様なチームです。それぞれの仕事に実社会での経験を生かし、最大の価値を提供するというコミットメントを共有しています。

私たちは、お客様の業務環境に深く入り込み、肩を並べて仕事をすることを常に心がけています。私たちは、お客様が適切な質問をし、それに答えることができるようにサポートし、信頼できるアドバイザー、教師、コーチ、ファシリテーターとして機能します。

北米
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションコンサルタント
デリバリー部門長(北米)
ビジネスソリューションコンサルタント
ヨーロッパ
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
アジア
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ゼネラルマネージャー(中国)
日本
ビジネスソリューションズ シニアコンサルタント
ビジネスソリューションズ コンサルタント
ビジネスソリューションズ コンサルタント

問題解決の有益な手法

ケプナー・トリゴー社は60年以上にわたり、企業が何百万もの問題を解決し、より良い意思決定を行い、リスクを管理できるよう支援してきました。ケプナー・トリゴーの手法を製造業に導入し、ITサービスを変革し、思考スキルを身につけることで、持続可能な変化を実現するための人材能力開発に焦点を当ててきました。何百万人もの人々が、キャリア・アップのためにケプナー・トリゴーのラショナル・プロセスを利用し、何千もの企業が数百万ドルの節約のためにこれらの分析プロセスを利用しています。

当社の起源は、
NASA
「月面探査計画」
にあり
ケプナー・トリゴー社は、早くから宇宙開発の現場にも進出していました。NASAのエンジニアが「こちらヒューストン、問題が発生した」と聞いたとき、KT法のクリティカル・シンキングのスキルを使って、アポロ13号の帰還に貢献したのです。すべての解決策が映画のような効果を発揮するわけではありませんが、私たちの仕事の大きな魅力はROI(投資収益率)にあります。パワフルで持続可能なケプナー・トリゴー社のプロセスは、時間やコストの節約、リソースの有効活用、ミスの減少、安定したオペレーション、そして利益の向上といった結果をもたらします。
ケプナー・トリゴー社の歩み
1958

ベン・トリゴーとチャールズ・ケプナーは、米国カリフォルニア州パシフィック・パリセーズにあるベン・トリゴーのガレージでパートナー・シップを開始。
「問題解決と意思決定」トレーニングの必要性に最初に焦点をあて、2人が長年築き上げたプロセスの習得を支援するためにケプナー・トリゴー社を設立。

1962

米国ニュージャージー州プリンストンに本社移転

1963

Leader Development Institute (LDI:リーダー開発研究所) を設立し、 講師養成を目的とした講座を初めて企業へ導入。厳しいLDIプログラムの修了者は、「問題解決と意思決定(KT法)」を指導するための認証を受け、企業内でラショナル・プロセスの導入と定着を指導。

1965

創業者のケプナーとトリゴーによる『The Rational Manager』(McGrow Hill:邦題『管理者の判断力』)が出版され、ベストセラーとなり、多言語化され、世界中で愛読されるビジネス分野の名著となる。

1966

基本理念を公式発表。
「人々の学習を支援する組織を作る」という創業者の最初の決断から生まれた原則とアイデアを文書化し、弊社のビジネスの方向性を決める指針となる。

 

Kepner-Tregoe Deutschland LLC(ドイツ)、 Kepner-Tregoe Ltd.(英国)設立。

1967

リサーチロードの美しい森の中へ本社を移転。
自由自在なインテリア空間と森の景色を縁取る大きな窓が特徴の建物は、1960年代当時のモダンなデザインを今に伝える建造物である。

グローバル展開
1970
オーストラリア進出
1973
日本
1981
東南アジア
1980

ベン・トリゴーとジョン・ジマーマンによる『Top Management Strategy』(邦題:トップ・マネジメント戦略)を出版。
戦略コンサルティングサービス提供開始を正式発表。

1981

『The New Rational Manager』(邦題:新・管理者の判断力)を改訂版として出版。
*最新版として多くの言語に翻訳され世界中で読み継がれる。

 

Kepner-Tregoe Southeast Asia, Ltd. 設立。

1984

Kepner-Tregoe, S.A.設立。
スイス、ベルギー、ルクセンブルグにサービス提供開始。

1985

クライアントの要望に応え、ラショナル・プロセスをプロジェクト業務に取り入れた「KTプロジェクト・マネジメント」を開発。

1986

Kepner-Tregoe (Malaysia) Sdn. Bhd.(マレーシア)設立。

1987

USF&G(金融サービス会社)がKT社を買収。

1988

Kepner-Tregoe Thailand, LLC(タイ)設立

1989

『Vision in Action ~企業の戦略的目標を日々の経営判断に反映させる方法~』(ベン・トレゴー、ジョン・ジマーマン他著)出版。

1991

ベン・トリゴーがHRD殿堂入り。

1993

ベン・トリゴーがケプナー・トリゴー社社長退任。
「問題解決と意思決定(KT法)」を米国の子供達への提供を目的とした非営利団体『Tregoe Education Forum』(現在の『TregoED』) を設立。
2005年に没するまで、KTの経営陣として積極的な役割を担う。

1996

主に従業員で構成されるグループがUSF&Gから会社の株式を買い戻す

*現在も従業員所有の会社である。

1999

Microsoft® Projectにラショナル・プロセスのフレームワークを提供するために、ソフトウェア「Project Logic®」を始動。

2000

ソフトウェア『eThink®』発売。
「問題分析」「決定分析」「状況把握」「潜在的問題/潜在的好機分析」の強化・支援を行う。

Kepner-Tregoe Nederland, LLC設立。

2002

ケプナー・トリゴー社の一連の書籍がビジネス並びに学術界において評価を得る。
『How Organizations Work』
(2002年アラン・ブラッシュ著)
『The Art and Discipline of Strategic Leadership』
(2003年マイク・フリードマン著)
『The Rational Project Manager』
(2005年アンドリュー・ロングマン、ジム・マリンズ著)
『Implementation: How to Transform Strategic Initiatives into Blockbuster Results 』
(2006年アラン・P・ブレイチ、サム・ボドリー=スコット著)

2005

4月20日 ベン・トリゴー逝去
NYタイムズに訃報掲載
.

2009

クラウドベースのプロジェクト管理アプリケーション『Portfolio Manager』を開発および発売。
アプリを利用することで、企業のあらゆる部門、タイムゾーン、国・地域をまたぐ重要なプロジェクトをリアルタイムに監視することが可能となる。

2012

競争の優位性を確立すべく、KTクリア・シンキングを活用した『The Thinking Oranization (考える組織)』による新たなアプローチを導入。

2013

最新版「問題解決と意思決定(KT法)」をリリース。
また、「問題解決」「意思決定」「計画実行」におけるクリア・シンキング・プロセスのサポートを目的に初のiPad/Androidタブレット向けアプリも提供開始。
更に、『MyKT』と『Learning Library』もリリースされ、プログラム・リーダーやコーチのサポートを行う。

2015

ITサービス・マネジメントの問題やインシデント管理において、製品およびコンサルティングサービスが大幅に進化。問題管理機能を『ServiceNow』のプラットフォームに組み込みリリース。

2016

学習者が世界中どこからでも参加できるようバーチャルトレーニングを導入。IoT 技術とデータを活用し、オペレーションデータへのアクセスと表示を実現に向け、SoftTools社とウェブベースのアプリケーション開発を開始。

3月26日 チャールズ・ケプナー逝去。

ServiceNowプラットフォーム向けの2つ目のアプリ(KT for Incident Management)を発表。

 

 

 

2017

トレーニングと実社会のギャップを埋め、顧客がより早く結果を出せるよう、トラブルシューティング・シミュレーション・プログラムを発表。

2018

クライアントの企業において、能力開発プログラムが組み込まれたアプリケーションセットを発売。

コアプロセス(SAPADAPPA)および問題解決(基礎編)に関する新しいeラーニングの提供を開始。

2019

「トラブルシューティング・シミュレーション」を発表。
シミュレーションと体験学習をベースとしたトレーニングソリューションで、対象は、主に製造現場や店頭などのサービス従業員向けとなる。

シングル・プロセスのワークショップをモジュール化して配信するサービス「KT LiveOnline」を開始。

2020

ServiceNowプラットフォーム向けアプリ第3弾(Advanced Case Management)を発表。

eラーニングによるバーチャル配信の長年の経験を生かし、パンデミックによる外出制限やソーシャル・ディスタンスに対応できるよう、すべてのトレーニングをオンライン研修として提供を開始。

2021

Bluefield Asset Management Co.にオーストラリアとニュージーランドのライセンスを供与。

ブランドを刷新し、新たなキャッチフレーズを導入。
Challenges. Opportunities. Results.

最新のeラーニングとコーチングを組み合わせた「Problem Solving Learning Path」の提供を開始。

「Brandon Hall Award for Excellence in Learning」部門でMicrosoft社と共同でブロンズ(銅賞)を受賞。

事業の現状
19
世界の拠点
60+
実施年数
1000000+
トレーニング受講者数

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから