半導体産業について

半導体業界は、その製品があらゆる種類の電子機器の心臓部であるという点で唯一無二であり、他のほぼすべての業界において重要な役割を果たしています。この業界の状況は刻々と変化しており、その中でのイノベーションの価値創出は莫大なものですが、はかないものでもあります。

半導体メーカーでは、業界の黎明期からケプナー・トリゴー社を利用して、業務における複雑な問題解決を改善してきました。ハイテク製造業の複雑さは、半導体製造の環境で利用可能なデータの膨大な量に表されています。高度なモニタリングやAIにより、安定性や品質をより正確に維持することができる一方で、問題が発生した場合、エンジニアや技術者は、これまでに見たことのない、非常に複雑な問題に直面することが多くなっています。当社のコンサルティングおよび能力開発プログラムは、問題解決を加速させ、製造の最も困難な問題に対する高品質な解決策を見出すための適切なデータを、適切なタイミングで使用する製造チームの能力を向上させます。

製造業で成功しているのと同じ構造化されたKT法のプロセスが、半導体企業の社内全体で使用され適用されています。私たちのプロセスは、カスタマー・サポートとインシデント管理を合理化し改善します。また、ケプナー・トリゴー社は、経営者が最善の方法を計画し、設備投資を決定し、リスク管理とリスク軽減を業務に組み込むのを支援します。ケプナー・トリゴー社の分析プロセスは、特定の技術に縛られない「エバーグリーン」なもので、半導体業界に問題解決や意思決定のための共通言語を提供し、機能や地域を超えて仕事の進め方を改善します。

ケプナー・トリゴー社の半導体産業におけるコンサルティング、および能力開発についての詳細は、ケプナー・トリゴー社にお問い合わせください。

知見

トレーニングは、個人やチームのパフォーマンスを向上させ、ひいては組織の全体的なパフォーマンスに影響を与えるものです。トレーニングを1回限りのイベントにするのではなく、ラーニング・ジャーニーとしてアプローチする組織は従業員、そして企業を、急速に変化する環境に対応できるようにします。

製造業におけるデジタル化の進展(デジタル技術がもたらす破壊的イノベーション)は、オペレーショナル・エクセレンス(OE)がますます要求が厳しくなる顧客にサービスを提供し続けながら、安定性、品質、効率性を追求するという、ダイナミックな状況を生み出しています。このホワイトペーパーでは、デジタル化が進みつつある業務のためのOEの基盤の概要について説明しています。

効果的な問題解決と意思決定を行うためには、適切なデータを特定して使用することが重要です。複雑な問題解決をサポートできる、利用可能なデータの広大な海で沈まないようにするために、以下の3つの基本的なアクションを検討してみましょう。

改善の道を歩み始め、それを維持していくには、否定的な意見や惰性、仕事のやり方を変えたくないという気持ちと戦う必要があります。しかしながら、継続的に改善に取り組む文化と、効果的な生産管理の完璧な調和が、一貫したワールドクラスのパフォーマンスを生み出しているのです。

お客様の声

コンサルタント
(半導体産業)

Michael Barna
ビジネスソリューションコンサルタント
北米
Andrew Vermes
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ヨーロッパ
Edmund Lee
ビジネスソリューションコンサルタント
アジア
阿相 大介<br>(Daisuke Aso)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから