石油・ガス業界について

政府、投資家、企業による脱炭素化による気候変動対策への取り組みがエスカレートする中、石油・ガス業界は、急速かつ包括的な変革策を推し進めると同時に、生産のデジタル化、不確実な需要、新たな形態の競争という課題に直面しています。さらに、要求の厳しい顧客層や、ダイナミックに進化するデジタル環境により、適応し成功するための業界の取り組みが加速しています。

今日、石油・ガス会社は、経営陣の意思決定者から生産・保守部門の新入社員に至るまで、組織のあらゆるレベルで高度な批判的思考スキルを活用し、合理的なオペレーションプラットフォームを構築しています。ケプナー・トリゴー社のコンサルティングとトレーニングプログラムは、生き残りと繁栄に必要なスキルを開発することで、石油・ガス産業の未来を確かなものにしています。

デジタル化や高度なモニタリングによって安定性や効率性が向上する一方で、何か問題が発生したときには、複雑な問題や経験したことのない問題が発生することになり、それらに正面から迅速に取り組むことができる従業員が必要となります。 問題解決と意思決定に対する当社の思考プロセスは、個人やチームによって世界中で活用されており、データ過多を回避し、簡素化されたデータ分析を効率的に使用して、複雑な問題の解決を加速させます。

ケプナー・トリゴーのコンサルティングとトレーニングは、独自の視点で、現場のオペレーション、ITサポート、管理部門などの各機能に対応し、コスト削減、優れた品質、安全性の向上などの継続的な改善を支援します。

石油・ガス産業向けのケプナー・トリゴーのコンサルティングおよび研修の詳細については、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

リーンの名著「How to Implement Lean Manufacturing」の著者であるLonnie Wilson氏は、製油所のエンジニアが構造化された問題解決プロセスを用いることで、記録的な速さで大規模なシャットダウンを回避した実例を紹介しています。

オペレーショナル・エクセレンスの追求に終わりはありません。しかし、継続的な改善プログラムがうまくいかない場合、期待外れの結果になることが多いのですが、その原因はたいてい、変革が現場主導ではなかったという事実に帰結します。現場が主導権を握ることで、何が起きるかをここではみていきます。

継続的改善とは、単に製品、サービス、プロセスを改善するための継続的な努力を意味するだけではありません。継続的改善の考え方は、予期せぬ変化に直面しても、構造的な行動を取ることにエネルギーと注意を集中させることができます。

デイリー・マネジメントは、業務管理の体系的なアプローチでストレスを軽減し、物事が期待通りに進んでいるか、またはプロセスが主要なオペレーション目標に沿ったものになっているかを確認することができます。

お客様の声

コンサルタント
石油・ガス産業における

Chris Green
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
北米
Florence Lemerle
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ヨーロッパ
Alaric Tan
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
アジア
有為楠 貴<br>(Takashi Uikusu)
ビジネスソリューションズ シニアコンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから