継続的改善

現状維持は後ろ向きと同じ

継続的な改善とは、状況、システム、プロセスの現状にとらわれず、進化させていくことです。今日の組織はデータに溢れており、様々な分野で段階的な効率化を図る機会が無限にあります。

改善の機会を最大限に活用するために、継続的改善の取り組みは特定の目的に焦点を当て、目標とする改善を行います。

診断とは

適切な結果が得られるように、明確さとスピードを注入する

  • 何もしないという選択肢はありません。

    ビジネスを成功させるためには、ビジネスのあらゆる側面を継続的に改善・改良する必要があります。成功とは、限られたリソースの中で価値創造を最大化するために、最適な改善点を見極めることです。

  • 最も重要なことを優先する

    最良の改善機会への最も直接的なルートを見つけることで、迅速な時間枠でより大きな成果を得ることができます。あまりにも多くのプロジェクトを集中的に実行すると、その価値は低下します。

  • 分析的思考スキルの構築とサポート

    データを使って分析的な問題解決や意思決定を行う方法を理解することで、従業員は改善を追求し、潜在的なリスクや機会を特定することができます。

  • 持続可能性がなければ、パフォーマンスは後退する

    人は一定期間が経過すると、以前の標準に戻ってしまう傾向があります。持続可能性を改善に組み込むことで、今後も変化が強化され、測定され続けるようにしなければなりません。

継続的改善は、企業レベルの変革以上のものです。

Lorem ipsum dolor sit

構造化された分析的な問題解決と意思決定が、シックスシグマやリーンの取り組みと連携することで、組織は品質と効率を高め、無駄を排除するための継続的な改善活動を最大限に行うことができます。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから