金融サービス産業について

金融サービス業界では現在、テクノロジーの進化が加速しており、すべての企業にとってリスクとチャンスの両方が存在しています。このようなテクノロジーの進化は、金融業界の状況を一変させ、機敏な企業が新商品を生み出し、従来の顧客と新しい顧客の両方にサービスを提供することを可能にしています。企業は、ビジネス・プロセスとシフトする従業員の両方をデジタル化することで、生産性を向上させるという絶え間ないプレッシャーに直面しています。厳しい規制の中で事業を行っているため、あらゆる分野の金融サービス企業が厳しい競争に直面し、適応と変化を迫られています。

業界のデジタル化が進む中、ケプナー・トリゴーのトラブルシューティング・アプローチは、主要なサービス・マネジメント組織に組み込まれています。ケプナー・トリゴーとの連携により、企業はカスタマー・サポートを向上させ、重要なIT問題の解決を早めることができます。ケプナー・トリゴーのITSMコンサルティングおよび能力開発サービスは、その影響の即時性と深さに基づいた、最高のものです。これらのサービスは、測定可能なコスト削減、信頼性の向上、そして総合的な顧客満足の向上に貢献します。

ケプナー・トリゴーは、様々な方法で金融サービス企業の仕事の進め方を改善しています。意思決定に対するケプナー・トリゴーの分析的アプローチは、経営者が構造化された思考と関連するデータを用いてより良い意思決定を行い、リスクを軽減するために使用されています。また、バックオフィス業務におけるリーン・イニシアティブに統合され、無駄を排除して重要な成果の達成を向上させるための問題解決に役立てられています。

ケプナー・トリゴーの金融サービス産業におけるコンサルティングおよび能力開発の詳細については、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

洗練された新技術の数々を追加することは、金融機関にとって顧客の維持や新規顧客の獲得に有利に働きます。しかし、新しい技術をいち早く取り入れるために、ITスタッフはシステムを稼働させるための消火活動に日々追われ、組織を脅かす膨大な数の問題に対処することができなくなっています。

刻々と変化するIT環境においては、インシデント・マネジメントが最適なアプローチであるように思われますが、著者は問題を根本から解決することの価値を示しています。このケース・スタディでは、ある企業が問題管理に焦点を当て、ITコストを劇的に削減し、市場での首位を取り戻しました。

問題解決のハウツーであるケプナー・トリゴーの構造化思考(ITILで認められている)は、焦点を絞った問題提起から始まります。

ITシステムへの依存度が高い組織では、重大インシデントはあまり発生しませんが、万が一発生した場合には、迅速で計画的な対応が重要となります。重大インシデントが発生すると、解決に多額のコストがかかるため、対応時間の短さと問題への対応の質の高さが重要な鍵となります。

お客様の声

エキスパートたち
(金融サービス産業)

Caustan De Riggs
営業部長
北米
Sascha Laufenberg
ビジネスソリューションコンサルタント
ヨーロッパ
Alaric Tan
ビジネスソリューション シニアコンサルタント
アジア
有為楠 貴(Takashi Uikusu)
ビジネスソリューション シニアコンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから