自動車産業について

世界の自動車産業は、社会に歴史的な影響を与えてきた産業といえます。大規模な組立工場から小規模な新興ハイテク・サプライヤーまで、また、長期的な関係を持つサプライヤーから各地の自社ブランドの自動車ディーラーまで、この業界はとても広範囲にわたる運営や財務の課題に直面します。私たちが生きる変革の時代を、これほどまでに象徴する産業は他にないでしょう。現在では自動車産業のあらゆる側面が見直され、今後の新たなパーソナル・モビリティーの展望が決定されようとしています。

ケプナー・トリゴー社は、世界中の主要な自動車メーカーや数多くのサプライヤーと取引させていただいています。1958年の創業以来、ケプナー・トリゴー社は、複雑な問題を迅速に解決するための優れた思考プロセスを提供することで、自動車業界の主要企業をサポートしてきました。

問題分析や意思決定、その他の有用なプロセスを含むケプナー・トリゴー社の思考プロセス全体が、生産、品質、エンジニアリング、財務、サプライチェーン・マネジメントに関連する複雑な問題を解決し、意思決定を行うために使用されています。

ケプナー・トリゴー社の思考プロセスは、迅速なトラブルシューティングの手法を提供することで、リーン、シックスシグマ、カイゼンの取り組みをサポートし強化します。日本における自動車産業界を代表する企業の一つは、最初にケプナー・トリゴーの思考プロセスを業務に活かすことを始められました。また、外資系企業がモーターサイクルの国際展開を行った際には、ケプナー・トリゴー社のサポートを得ていました。

毎年、ケプナー・トリゴー社の自動車業界のクライアントは、KTの手法を使用して数百万ドルの節約を確保したことを評価しています。ケプナー・トリゴーのコンサルティングおよび研修プログラムは、世界の主要な自動車産業の各社で合計するとほぼ毎日のように行われています。

ケプナー・トリゴー社の自動車業界におけるコンサルティングおよび研修についての詳細は、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

シックスシグマとリーンを中心とした開発プログラムは、新たな相乗効果を生み出すことで、記録的な効率を達成することができます。リーンとシックスシグマのプログラムにKT手法を加えたジョンソン・コントロールズは、完璧な継続的改善の3部作を手に入れました。

継続的な改善プログラムがうまくいかない場合、期待はずれの結果に終わることが多いのですが、その原因は、変化が現場で共有されていなかったことにあります。彼らに活躍の舞台を与え、何が起こるかを見てみましょう。

私たちの自動車業界での経験では、問題解決型のファシリテーターが、卓越した製造業を構築する上で主要な役割を果たしています。あなたの組織でファシリテーターの効果を最適化するために、以下のガイドラインを考慮してください。

アセット・パフォーマンスの低下がビジネス全体のパフォーマンスを阻害するのは当然のことです。計画外のシャットダウンがあったり、設備が期待されたレベルよりも低い生産性しか示せないと、利益率が低下し、オペレーショナル・エクセレンスがますます遠のいていきます。

お客様の声

コンサルタント
(自動車産業)

Sam Bernstine
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
北米
Burkhardt Prigge
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ヨーロッパ
Xinchao Li
ゼネラルマネージャー(中国)
アジア
有為楠 貴<br>(Takashi Uikusu)
ビジネスソリューションズ シニアコンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから