47%の業務効率向上

食品

クライアント

Griffin's Foodは、ニュージーランド最大級の食品会社で、年間売上高はNZ$3Mを超えます。1864年に設立されたビスケットとスナックのメーカーで、全国で800人の従業員が働いています。

挑戦

Griffin'sは、Papakuraにあるビスケット工場に大規模な設備投資を行った後、全体的な加工費に影響を与えるいくつかの変数に対処する必要がありました。この工場では、廃棄物の多さ、ダウンタイムの長さ、計画の不備などに悩まされており、全体的なワークフローは、可能な限り安い加工費での生産を支援するものではありませんでした。

ソリューション

Griffin'sは、ケプナー・トリゴーに、迅速かつ持続可能な企業体質改善プロジェクトを依頼しました。ケプナー・トリゴーは、工場の稼働時間、サイクルタイム、品質に影響を与える問題を解決し、業務効率の劇的な改善を達成するために、世界中の製造現場と協力してきました。Griffin's Foodsで採用されたモデルは、3段階のプロセスでした。

フェーズ1:詳細な分析とプロジェクトの選定。 オペレーション・データの分析、担当者へのインタビュー、プラント調査と観察を組み合わせて、改善プロジェクトを特定し、財務的リターンを定量化しました。プロジェクトには優先順位が付けられ、最大の投資収益率(ROI)をもたらす重要なプロジェクトが決定されました。ケプナー・トリゴーとエグゼクティブ・チームは、プロジェクトを選択し、ROIの目標を5:1に設定しました。

フェーズ2:能力開発とプロジェクト計画。 Griffin's の主要なプロジェクト・マネージャーやその他のスタッフは、プロジェクトへの応用に重点を置いた 問題解決・意思決定法 (PSDM) ワークショップを修了しました。Griffin'sのプロジェクト・マネージャーは、KTプロジェクト・マネジメント手法の「Learn and Do」アプローチを用いて、強固なプロジェクト計画を策定することができるようになりました。

フェーズ3:プロジェクトの実施とモニタリング。 Griffin’sのプロジェクト・マネージャーとケプナー・トリゴーが一丸となって、プロジェクト計画のタスクを厳密に遂行し、目的を達成するために必要なシステム、プロセスの改善、知識の移転を成功させました。

結果

ケプナー・トリゴーは、改善を持続させ、企業体質改善プロジェクトを効果的に実施するためのスキルと実践的な経験を私たちに与えてくれました。今では継続的な改善を行うチームになっています。 - Griffin Food社、オペレーション・マネージャー、Andy Fuge

総合的な結果を得るためには、理論的に達成可能な最大スループット率に対するラインのパフォーマンスの指標であるOperation Efficiency(OE)を用いて成功を評価しました。100%のOEを達成するためには、ラインが理論上の最大スループット率で稼働し、工場のダウンタイムと製品の廃棄がゼロでなければなりません。プロジェクトの終了時に、工場は以下を達成しました。

  • 47% の目標を達成したいという気持ちと、目標が達成できなかった場合の失望感からのOE改善
  • 30%の生産性の向上
  • リスク・アセスメントに積極的に参加することで実現した50%の切替時間の短縮
  • 12ヶ月間で12:1のROIを実現(140%でROI目標を上回る)
  • KPI(重要業績評価指標)ボードを更新するなど、日々の管理を徹底することで、無駄を省き、業績目標を達成することに注力
  • ラインのパフォーマンスに影響を与える意思決定への従業員の参加と関与の増加

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから