オペレーショナル・エクセレンス日常的な管理でストレスを軽減する方法

混沌とした状況でも、シックスシグマのような正確さでも、デイリー・マネジメントはチームに、今後の展開、起こったこと(KPI)、成功のための制約条件などを確認する機会を与えます。デイリーマネジメントは、何が起こっているのか、どのような行動をとるべきなのかを人々に知らせる、オペレーション管理のための体系的なアプローチです。オペレーションパフォーマンスを推進するプロセスを監督するチームと日々のKPIを確認することで、物事が期待通りに進んでいるという安心感を得ることができ、もしそうでない場合には、事態が悪化する前に今日中に行動する機会を得ることができます。

組織の戦略的な目標と、それが日常の活動にどのように関連しているのか、という点に焦点が当てられなくなることがあります。日々のマネジメントを体系的に行うことで、全員が組織の目標を反映した関連するKPIを見て、それがどのように達成されているかを日々考えます。成功への障壁は、月末、四半期末、年末に山としてではなく、今、もぐらのように見えています。

もし、あなたがDaily Managementに対して、ストレス解消のための利益よりも苦痛を感じているのであれば、これらのDMのエッセンスに対して、自分がどのような立場にあるのかを考えてみてください。

1.適切なメトリクスを適切なタイミングで提供するテクノロジーが導入されていること。そのためには、適切に定義されたプロセス指標と基準が必要であり、それらはタイムリーに収集され、レビューされます。 ワークフローの実態を正確に反映した関連性の高いメトリクスが不可欠です。これにより、日々の仕事や日々の目標を現実的に達成することができます。

2.チームには、問題を解決する能力があります。問題の種類と解決に必要なツールを理解する必要があります。すべての問題を専門の問題解決者にエスカレートさせると、チームは日々の目標に完全に集中することができません。問題解決を支援する能力と時間をチームに与えることで、コミットメントと集中力が高まります。 問題解決を行う能力を直接影響を受ける人に与えることが重要です。

3.リーダーシップが発揮されている。パフォーマンスが低下したときにリーダーがとる行動は、オペレーションチームに強いメッセージを送ります。リーダーは、重要な問題への取り組みに関与できないほど、手薄になることはありません。経営陣は、デイリーマネジメントシステムが全員に期待している、問題解決に向けたコミットメントと行動の模範となるべきです。

4.視覚化はシンプルに集中して行う。情報は一目でわかるようにし、詳細な調査のためにはより具体的な情報を提供する必要があります。例えば、何が計画通りに進んでいて、何がそうでないかを色で簡単に示すことができます。緑は目標通り、赤は目標を達成できなかったことを示しています。具体的な情報にアクセスでき、問題解決のためのデータが得られる一方で、多すぎるデータや多すぎるKPIを追跡することは、デイリーマネジメントの日常業務にストレスと複雑さをもたらします。 お客様と組織にとって重要な基本事項を測定しましょう。

5.継続的な改善による変化が持続する改善プロジェクトが、現在のワークフローに完全に統合されないことが非常に多い。新しい改善プロジェクトが活動の中心になると、初期の成功が忘れ去られ、物事がうまくいかず、人々が以前の習慣に戻ってしまうことがあります。デイリーマネジメントで改善点を継続的にモニタリングすることで、改善プロジェクトが実施された後の持続性を確保することができます。

日々のオペレーションに明確な基準があれば、問題は明らかになり、軌道に乗るために必要な行動は現実的で達成可能なものになります。Daily Managementは、日々の業務に明確な目的を持たせることで、突然の驚きや隠れた問題、未解決の問題によるストレスを軽減します。

ケプナー・トリゴーについて

Kepner-Tregoe社は60年以上にわたり、何千もの企業に力を与え、何百万もの問題を解決してきました。Kepner-Tregoe社のサービスは、組織の課題に永続的に取り組み、品質とパフォーマンスを向上させ、全体的なコストを削減するという測定可能な結果をもたらすように設計されています。

ブログ画像1
危機管理におけるオペレーショナル・エクセレンス
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンス・チャレンジ:いかにして改善を持続させるか
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスシックスシグマを最大限に活用する
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンス日常的な管理でストレスを軽減する方法

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから