Dave A.
ハガティ

2011年より取締役

略歴

Dave Haggertyは、2011年からKepner-Tregoe社の取締役会に社外取締役として参加しています。彼は豊富なマーケティングとマネジメントの経験を持っています。

2020年1月、国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーに選出されました。2019年9月には、国際テニス連盟(ITF)の会長として2期目の4年の任期に再選されました。"ITFの会長に再選されたことは、特権であり、名誉なことです。テニスは、210の加盟国すべてを結びつける共通言語であり、世界中でテニスを発展、促進、成長させるというビジョンを持っています。今後もお互いに耳を傾け、協力して使命を果たしていくことが重要です」と述べました。

ITFの前は、全米テニス協会(UTA)のCEO兼会長を務めていました。その間、世界最大の観客動員数を誇るグランドスラム・テニストーナメントであるUSオープンのチェアマンを務めました。また、報酬委員会、主要建設工事監督委員会の委員長、国際委員会のメンバーも務めました。また、グランドスラム委員会やITF女子サーキット委員会の委員長も務めました。

ハガティは、2010年3月に引退するまで、ヘッドUSAおよびペン・ラケットスポーツワールドワイドの会長を務めていました。ハガティは、1980年にプリンス社にアクセサリーのプロダクトマネージャーとして入社し、テニス界でのキャリアをスタートさせました。プリンスでの14年間でゼネラルマネージャーまで昇進した後、ダンロップでラケットスポーツ担当の社長を務めました。1998年にヘッド社に採用され、ヘッド/ペン・ラケットスポーツおよびペン・ワールドワイドの社長を経て、ヘッド社の米国事業の会長兼CEOを務めた。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから