William B.
Baldwin

最高経営責任者(CEO)、2007年より取締役

略歴

彼はCEOとして、ケプナー・トリゴーの世界的な事業のリーダーシップを担い、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域および企業のリーダーシップ・チームに指示と洞察を与えています。彼は、多国籍企業のあらゆる側面を管理してきた豊富な経験を持ち、幅広い業界の顧客との協力関係を築いてきました。

ケプナー・トリゴーでのキャリアは、1997年に始まりました。2002年には最高財務責任者に昇進し、2007年にはケプナー・トリゴーの取締役に就任しました。2016年には、取締役会に直接報告する最高執行責任者(COO)の役割に移行しました。COOとしての彼のリーダーシップにより、2018年にケプナー・トリゴーの最高経営責任者(CEO)に昇格しました。

ケプナー・トリゴーの顧客ベースに価値を提供することに情熱を注ぐ彼は、今日の困難で複雑、かつペースの速いビジネス環境のニーズを満たす付加価値の高いサービス提供を通じて、より効率的かつ効果的に顧客にサービスを提供する方法を革新するために、会社と自分自身に絶えず挑戦し続けています。彼は、顧客との取引プロセスを大幅に改善し、当社との取引をより容易にしました。また、これらの改善により、コストを削減し、収益性、キャッシュフロー、株主価値を向上させました。また、ケプナー・トリゴーのグローバルな従業員に向けて、オーナーシップ・モデルや報酬制度を含む従業員福利厚生を構築し、会社が魅力的な職場であることをアピールしました。また、教育にも熱心でもあります。ケプナー・トリゴーの創業者であるBen Tregoeが設立した非営利団体TregoEDの理事長を務めています。TregoEDは、地域の指導者、教師、生徒にクリティカル・シンキング・スキルを提供する団体です。

2016年、彼はCFO Studioによる年次CFO Success Award in Operations、Wealth and Finance InternationalとAcquisition InternationalによるCFO of the Monthの受賞者として認められました。CFO StudioのDriving Employee Performance and Engagement Sharing Financial Intelligence and Insights、WithumSmith+BrownとCitibankが主催するハーバード・ビジネス・クラブでのグローバル・サミットなど、財務やグローバル・ビジネスに関する問題でしばしば経営リーダーやパネリストとしての役割を求められています。また、Princeton商工会議所主催の「How to Succeed in Going Global」プログラムでも指導力を発揮しています。

ケプナー・トリゴー入社以前は、Prince Sports Group, Inc.のコーポレート・コントローラーとして、PrinceおよびEktelonブランドを含むPrinceの世界的事業におけるすべての財務報告、会計、予算編成、予測、在庫計画などを担当しました。Ernst & Youngに11年間勤務し、製造、流通、不動産、通信、スポーツ&レジャー、ハイテク業界のクライアントにサービスを提供。そこでは、全米セミナーのインストラクターや同業者審査委員会のメンバーとして活躍しました。

Rowan大学にて会計学の学士号を取得。公認会計士および公認グローバル管理会計士の資格を有しています。妻のJanisとNew Jersey州Somerset在住で、2人の子供と3人の孫がいます。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから