Paula
Bruskiewitz

財務担当副社長

略歴

財務担当副社長として、報告、計画・予測、資金・財務管理、リスク管理、税務・監査関係などの財務業務全般を監督しています。すべての財務結果が正確かつタイムリーであることを確認し、この株式非公開企業の従業員や株主にも注意を促しています。また、クライアントが ケプナー・トリゴーに依頼したプロジェクトに集中できるよう、「一緒に仕事をするのは簡単だ」と感じてもらえるように努めています。

エグゼクティブ・リーダーシップ・チームのメンバーとして、彼女は、ケプナー・トリゴーのグローバルなビジネス環境に関する幅広い知識を、報酬、能力開発、ビジネス・プロセス、ガバナンス、情報システムなどに活かしています。

20年以上にわたるケプナー・トリゴーでのキャリアを通じて、コンサルタントとしてキャリアをスタートし、組織改革担当ディレクターから北米ビジネス・マネージャーまで、さまざまな役職を務めてきました。専門分野は、組織開発・設計、予測、ビジネス・プロセス改善、リスク管理、財務分析などです。公認会計士であり、Arthur Andersen & Coでマネージャーを務めた経験もあります。 Bostonカレッジで経営学の学士号を取得。社会貢献への情熱を持ち、NOVA (Network of Victim's Assistance in Bucks County, PA) の財務委員会のメンバーでもあります。 彼女と夫はPennsylvania州Bucks郡に住んでおり、成人した3人の娘がいます。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから