金属・鉱業産業について

世界経済が脱炭素化やデジタル化などの継続的な課題に対応するために奮闘している中、金属・鉱業業界は変化の最前線にいます。主要なグローバル市場において、金属・鉱業業界は経済的成功の中核をなしており、その繁栄は地域にとって不可欠なものです。

ケプナー・トリゴーは、世界中の大手企業と協力して、オペレーションの迅速な改善、メンテナンスやオペレーションの安全性の統合、プロジェクト管理の強化、品質、スループット、利益の向上を支援してきました。個人やチームが複雑な問題に対処し、データを効率的に利用し、問題解決を迅速に行い、生産性と安全性に関する業務目標を上回ることに貢献することで、お客様から信頼を得ています。

デジタル化によって生産システムが変化する中、ケプナー・トリゴーの構造化されたプロセスは、ハイテク環境における複雑な問題の解決速度を加速させます。KTプロセスは、単一のハイテクノロジーやローテクノロジーに縛られることなく、複雑な問題を効率的に解決するための論理的に構造化された方法であるため、「仕事の進め方」の基礎となります。KTプロセスは、世界中の主要な金属・鉱業企業の改善イニシアチブにおいて重要な役割を果たしています。

ケプナー・トリゴーの金属・鉱業産業におけるコンサルティングおよび能力開発についての詳細は、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

資産集約型の企業では、ビジネスを動かす資産パフォーマンスを最大化するために、資産パフォーマンス管理と予測分析への依存度が高まっています。テクノロジーは、データに基づく洞察という形で真の利益をもたらしますが、信頼できる一貫した成功は、人間が戦略の主要な推進力となって初めてもたらされます。

リーンの名著「How to Implement Lean Manufacturing」の著者であるLonnie Wilson氏は、製油所のエンジニアが構造化された問題解決プロセスを用いることで、記録的な速さで大規模なシャットダウンを回避した実例を紹介しています。

継続的改善とは、単に製品、サービス、プロセスを改善するための継続的な努力を意味するだけではありません。継続的改善の考え方は、予期せぬ変化に直面しても、構造的な行動を取ることにエネルギーと注意を集中させることができます。

自分がどのような決断を迫られているのかを考えた上で、解決するための方法を決めます。過去の経験や直感、あるいはコインを裏返すだけで十分な場合もあります。しかし、目的を明確にすることで、後々の時間と手間を省くことができます。また、行動を起こす前に「何が問題なのか」を問うことで、結果を改善することができます。

お客様の声

コンサルタント
(金属・鉱業産業)

Debra Wooldridge
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
北米
Jens Refflinghaus
リージョナル マネージング
ディレクター
ヨーロッパ
Jeng Yi Choong
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
アジア
伏田 勝尋<br>(Masahiro Fushida)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから