消費財産業について

消費財メーカーは、多様化しグローバル化する消費者ニーズに対応するため、さまざまな課題に直面しています。労働力不足、サプライチェーンの混乱、経済的な不確実性が「安定」するにつれて、企業価値や環境的・社会的な影響に対する監視の目はますます厳しくなっています。消費財メーカーは、設備投資、製品開発、製造のデジタル化、規制の問題、持続可能性など、次世代のリーダーとなるか敗者となるかを決定する重要な課題に関する岐路に立たされています。

ケプナー・トリゴー社は、マーケット・リーダーがグローバルな成長と事業展開を成功させるための意思決定のスキルの向上を支援しています。ケプナー・トリゴーの方法論には、高度な思考能力(クリティカルシンキング)が含まれており、戦略的計画から日々の組織的な課題に至るまで、様々なテーマに対処することができます。ケプナー・トリゴーのコンサルティングとトレーニング・サービスは、製品開発、ものづくりにおける独創性、設備投資等において、企業が最良の結果を得るために役立ちます。

ケプナー・トリゴー社の消費財・軽工業業界におけるコンサルティングおよび能力開発の詳細については、ケプナー・トリゴー社にお問い合わせください。

知見

どのような組織でも、意思決定を行い、行動を起こす必要があります。たいてい、意思決定の領域は、企業のリーダーの責任です。リーダーは、行動を選択し、どのように実行するかを決定し、決定の実行とその後の結果に責任を持たなければなりません。

「差別化か死か!」。製品やサービスの革新による差別化こそが、生き残り、成功する方法です。しかし、この厳しい時代に、乏しいアイデアで貴重な資源を浪費するわけにはいきません。ここでは、イノベーションが効果的であることを確実にする方法を見ていきます。

改善の道を歩み始め、それを維持していくには、否定的な意見や惰性、仕事のやり方を変えたくないという気持ちと戦う必要があります。しかしながら、継続的に改善に取り組む文化と、効果的な生産管理の完璧な調和が、一貫したワールドクラスのパフォーマンスを生み出しているのです。

あらゆる行動がもたらすネガティブな影響は、それによる利益と同じくらい、時にはそれ以上に明白であったりします。何かを決断する前には、リスクを考慮することが必要です。つまり、実行可能と思われる候補案がもたらす、負の側面にも考慮する必要があります。

お客様の声

コンサルタント
(消費財産業)

Ingrid Dueck
デリバリー部門長(北米)
北米
Tim Roberts
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ヨーロッパ
Jeng Yi Choong
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
アジア
阿相 大介<br>(Daisuke Aso)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから