建設産業について

建設業界は他に類を見ないほど複雑でダイナミックな業界であり、労働力、サプライチェーン、資源の不足、気候や天候の問題、進行するデジタル化など、様々な要因による混乱に常に対処しています。低金利で経済が回復しつつあるにもかかわらず、変化と混乱は業界の成長と発展にとって常に障害となっています。

ケプナー・トリゴーは、建設現場から計画会議、生産ラインに至るまで、あらゆる重要な活動分野において、建設会社やエンジニアリング会社にコンサルティングや能力開発サービスを提供し、組織がベンチマーク・パフォーマンスを達成し、変化に直面したとき柔軟に対応できるよう支援しています。

私たちの構造化された方法論は、問題解決、意思決定、リスク低減、プロジェクト・マネジメントに活用されています。これらは、個人やチームが計画や運営に秩序と効率をもたらすのに役立ちます。業界をリードする建設会社やエンジニアリング会社は、データに基づいた分析的な問題解決と意思決定により、希少なプロジェクト・リソースの最適化、プロジェクト・マネジメント・スキルの向上、仕事の進め方の改善のためにケプナー・トリゴーを採用しています。

ヨーロッパの自動車メーカーのグローバルなエンジニアリング会社が、米国での組立工場の立地選定を任されたとき、KT決定分析を使って何百もの要素を評価し、その立地に最適な選択をしました。

建設資材メーカーが製造コストの削減を求めてケプナー・トリゴーに依頼したところ、ケプナー・トリゴーの迅速で的を絞ったパフォーマンス改善プロジェクトにより、コストの削減とスループットの向上が迅速かつ持続的に実現されました。巨大な建設現場では、多様な労働力が頻繁に入れ替わるため、安全性を向上させるために、ケプナー・トリゴーはリスク管理を仕事の進め方に組み込むことで、安全性の目標を上回ることができました。

私たちの構造化されたアプローチは、建設業界において複雑な品質問題、サプライチェーンのボトルネック、慢性的な無駄の隠れた原因を迅速に排除するために使用されています。

ケプナー・トリゴーの建設産業におけるコンサルティングおよび能力開発についての詳細は、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

デイリー・マネジメントは、業務管理の体系的なアプローチでストレスを軽減し、物事が期待通りに進んでいるか、またはプロセスが主要なオペレーション目標に沿ったものになっているかを確認することができます。

根本原因分析の手法を一貫して適用することで、ベンダーの推奨事項を活用することができます。ここでは、ベンダーの推奨を受け入れ、自信を持って組織に導入する前に行うべき8つの活動を紹介します。

お客様の声

コンサルタント
(建設産業)

Chris Green
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
北米
Jens Refflinghaus
リージョナル マネージング
ディレクター
ヨーロッパ
Siew Wah Yong
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
アジア
伏田 勝尋<br>(Masahiro Fushida)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから