化学産業について

化学業界は、新型コロナの感染拡大による混乱だけでなく、業界を襲っている対立する勢力による不確実性の中で活動しています。環境問題、効果のないプラスチックのリサイクル、気候変動と脱炭素化は、業界の成長を脅かしていますが、自動車生産における軽量素材の必要性や、アジア・太平洋地域の新興経済圏からの需要は、機会増加の見通しを加速させています。今日の変化する矛盾した状況の中で成功することは困難であり、当惑させられます。

ケプナー・トリゴーのコンサルティングと能力開発は、不確実性と変化の時代において、化学企業がより効果的かつ安全に業務を遂行できるよう支援します。デジタル化、AI、高度なモニタリング機能により、安定性と効率性を追求する企業は、問題が発生した場合、高度なトラブルシューティング能力を必要とます。

クライアントの組織では、問題解決、意思決定、リスク管理のために、データを効果的に分析し、それを構造化された分析プロセスで使用しています。私たちの手法は、品質の向上、安定性とスループットの向上、サプライヤーとの強固な関係の構築、コストの削減、より効果的な計画など、あらゆる組織レベルで活用されています。

世界の化学業界の製造業のリーダーたちは、ケプナー・トリゴーのトラブルシューティング・プロセスを業務に取り入れています。ケプナー・トリゴーの構造化された思考ツールは、主要な化学業界のクライアントにおいて、メンテナンス、品質、コスト、生産性などの改善に貢献していると評価されています。

ケプナー・トリゴーの化学産業におけるコンサルティングおよび能力開発についての詳細は、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

資産集約型の企業では、ビジネスを動かす資産パフォーマンスを最大化するために、資産パフォーマンス管理と予測分析への依存度が高まっています。テクノロジーは、データに基づく洞察という形で真の利益をもたらしますが、信頼できる一貫した成功は、人間が戦略の主要な推進力となって初めてもたらされます。

オペレーショナル・エクセレンスの追求に終わりはありません。しかし、継続的な改善プログラムがうまくいかない場合、期待外れの結果になることが多いのですが、その原因はたいてい、変革が現場主導ではなかったという事実に帰結します。現場が主導権を握ることで、何が起きるかをここではみていきます。

効果的な問題解決と意思決定を行うためには、適切なデータを特定して使用することが重要です。複雑な問題解決をサポートできる、利用可能なデータの広大な海で沈まないようにするために、以下の3つの基本的なアクションを検討してみましょう。

改善の道を歩み始め、それを維持していくには、否定的な意見や惰性、仕事のやり方を変えたくないという気持ちと戦う必要があります。しかしながら、継続的に改善に取り組む文化と、効果的な生産管理の完璧な調和が、一貫したワールドクラスのパフォーマンスを生み出しているのです。

お客様の声

コンサルタント
(化学産業)

Chris Green
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
北米
Marven Röll
ビジネスソリューションコンサルタント
ヨーロッパ
George Ng
リージョナル マネージング ディレクター
アジア
伏田 勝尋<br>(Masahiro Fushida)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから