アプリ時代のオペレーション・マネジメント

現代のテクノロジーは、工場の現場でできることと、オペレーションマネージャーが利用できる分析機能の両方において、オペレーションマネジメントの仕事のあり方を変えつつあります。ここ数年の最大のトレンドの一つは、モバイルデバイスとアプリケーションの影響で、リアルタイムのオペレーションデータ、アラート、インサイトをオペレーターや管理者が24時間365日、世界中のどこにいても利用できるようになったことです。管理者は、オペレーションで何が起こっているかを確認できるだけでなく、遠隔地から変更を指示して、以前よりも高いレベルの一貫性とパフォーマンスをサポートできるようになりました。

アプリは、営業や財務、人事やカスタマーサービスなど、現代のビジネスのあらゆる場面で活用されています。このテクノロジーが製造業や業務部門でも多用されるようになったのは当然のことです。多くの意味で、オペレーションは、モバイルテクノロジーをビジネスに活用するための理想的なシナリオです。リモートセンサー、産業用IoTデバイス、機器に組み込まれたモニタリング機能、手頃な価格のテレメトリーシステムにより、企業の生産ワークフローのほぼすべての側面を電子的に監視することができます。クラウドコンピューティングシステムと運用管理ソフトウェアのサポートにより、様々なデータストリームをダッシュボードや分析データセットに集約することができ、オペレーターは1つのコンソールからエンドツーエンドのプロセスを管理することができます。モバイル技術は、これらの機能をさらに拡張しています。

運用管理アプリケーションには、シンプルなダッシュボードやアラート機能から、フル機能を備えたインタラクティブなモバイルコンソールまで、さまざまな機能があります。これらのアプリケーションを使用して、個人がリモートで生産設定を調整することができます。これらのアプリケーションの範囲と機能は、生産工程の規模、機械の種類、サプライヤーが提供する機器の機能によって異なります。最近の機器メーカーは、遠隔監視・診断ツールを主力製品の一部として提供しており、オペレーターやサポートスタッフが機器の機能を監視し、注意すべき異常を特定できるようになっています。

新しい機能や技術を手に入れることは素晴らしいことですが、企業にとって最も有益な価値は、これらのツールを使ってより高いレベルの業務生産性を実現することです。

  • モバイルアプリケーションでは、以下のことが可能です。
  • 生産状況をリアルタイムで把握
  • 自動化されたプロセスをリモートでサポート、操作する
  • トレンドやアナリティクスを分析し、課題の影響を評価する
  • 経営陣やステークホルダーに警告を発し、オペレーションの混乱に即座に対応する。
  • サードパーティ・サプライヤーによるタイムリーな保守・修理サポートの誘発

これらの利点の正味の影響は、マシンが稼働している間、より高いレベルの生産性を達成することができるということです。モバイルアプリの時代になって、運用管理スタッフはこれまで以上に多くのツールやデータを自由に使えるようになりました。これは、現代のテクノロジーが組織のオペレーショナル・エクセレンスを推進するためにどのように利用されているかを示す多くの例の一つです。

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、業務効率を向上させるためのプロセス、手法、スキルにおいて業界をリードしてきました。Kepner-Tregoeの専門家は、世界中の様々な業界の企業と協力して、情報や技術の活用、クラス最高の問題解決方法を用いて、業務上の成果を改善しています。

関連記事

ブログ画像1
「誰もが計画を持っている:顔を殴られるまでは」-マイク・タイソン
ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
3 オペレーションのための問題解決戦略
ブログ画像1
サービスデスクを改善するための問題解決に関する5つの事実

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから