3 オペレーションのための問題解決戦略

by Jeng Yi ChoongKepner-Tregoe

世界的な競争が驚異的なスピードで激化する中、企業の財務実績と市場での成功のためには、企業のオペレーションが常に最高のパフォーマンスを発揮することが求められます。人がミスをしたり、機器が壊れたり、去年はうまくいっていたプロセスが今日はうまくいかないなど、残念ながら物事は起こります。これらのことは、オペレーションに潜在的な問題があることを示しています。どんな企業でも問題は起こります。ここでは、オペレーションを円滑にし、お客様に満足していただくための、3つの一般的な問題解決策をご紹介します。

1.機器の最適化

物理的な材料や製品を扱う企業の多くは、プロセスの自動化や従業員の活動を可能にするツールとして、機器への運用依存度が高い。機器を購入するための資本コストと、それを維持・運営するためのオペレーションコストは、企業の営業費用の中で大きな割合を占めています。もし、このような状況に心当たりがあるなら、機器の価値を最大限に引き出すための問題解決戦略が、お客様にとって正しい選択となるかもしれません。

機器の性能を評価する業界最先端の指標は、OEE(Overall Equipment Effectiveness)と呼ばれ、機器の稼働時間、性能、生産された製品の品質を見て、機器の潜在能力に対する実際の性能を判断するモデルです。OEEを向上させることは、多くの企業においてオペレーションのパフォーマンス向上の強力な指標となります。OEEは、シックスシグマ、リーン、デミングサイクル(PDCA)などの継続的な改善プロセスと組み合わせて、改善のための実行可能な機会を特定するための重要業績評価指標(KPI)として一般的に使用されます。

2.人を大切にする

製造業や生産業では、自動化されたプロセスや機器に大きく依存していますが、問題解決を成功させ、自動化されたプロセスを稼働させ、機器を最高の状態に保つためには、人に頼らなければなりません。生産性、満足度、創造性を向上させ、ビジネスプロセスの摩擦をなくすことは、オペレーションからのアウトプットの量と質の向上につながります。 驚くことではありませんが、問題解決の成功は(たとえ製造業であっても)人に始まり、人に終わるのです。

人を中心とした問題解決は、単に問題を解決するだけではありません。問題解決は、従業員の情熱、創造性、フラストレーションを活用して、修正すべき点や改善の機会を特定することから始まります。より多くの人々が参加していると感じるほど、問題解決のインパクトは大きくなります(認識されます)。この関与は、問題を解決するための診断と代替案/推奨事項の開発へと続きます。多くの場合、問題に最も近い人たちが、その問題をどのように解決できるか、また代替案が意図しない結果をもたらす可能性があるかについて、最良の視点を持っています。

人を中心としたオペレーションでは、問題解決のための人的要因に焦点を当て、導入を継続します。多くの企業が最終目標はソリューションの採用であると考えていますが、問題解決に成功した組織は、最終目標が持続的なインパクトであり、長期間にわたってメリットを享受することであることを知っています。これは、ソリューションを日々の職場環境と組織文化に統合するために、従業員の考え方、スキルセット、活動、行動を変えることを意味します。

3.バリューチェーンの最適化

企業活動の中核には、バリューチェーンという構造があります。バリューチェーンとは、原材料、能力、リソースのキャパシティを、消費者にとって価値のある完成品やサービスに変える一連の活動のことです。 バリューチェーン最適化を問題解決戦略として用いることは、組織内の誰もが容易に理解できる、根拠のある問題解決アプローチを必要としている企業に適したアプローチである。

バリューチェーンの構造を使って問題を解決するのは比較的簡単です。活動が行われる理由は、最終顧客のために価値を付加することです。価値を生み出していない活動、期待されたよりも低い価値しか提供していない活動、行われていない(行われるべきである)活動はすべて、組織にとって潜在的な問題です。このように分類すると、かなり長いリストになるかもしれませんが、心配しないでください。最も低いコストで最も多くの価値を生み出すものを優先すべきです。

企業活動を継続的に行うためには、効果的な問題解決が不可欠です。 多くの場合、最良のアプローチは、お客様の組織のニーズに合わせて異なる戦略を組み合わせることです。Kepner-Tregoeの問題解決の専門家は、お客様のオペレーションと文化のダイナミクスを理解し、最高のオペレーションパフォーマンスを達成・維持するための問題解決戦略を選択・実施するお手伝いをいたします。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから