食料品・飲料業界について

食料品・飲料業界は、競争の激しい環境の中で、新境地を開き、利益を最大化し、市場シェアを獲得するための活発な新しい方法を模索し続けています。パンデミックに起因するサプライチェーンの課題、健康上のリスクや自宅待機の要請は、業界を混乱させ、高度に関連し合った世界での重要な役割と、消費者ドリブンである需要の流動性の両方を明らかにしました。

ケプナー・トリゴー社は、食料品・飲料業界の企業や団体の皆様が、混乱や変化の中でも、効率的な業務を維持できるよう支援しています。私たちは、企業が規制による課題に対応し、新製品の開発を進め、業務を改善し、買収をスムーズに統合するための支援を行います。問題解決、意思決定、リスク管理、機会創出のための、ケプナー・トリゴーの構造化された分析的なアプローチは、企業がより良い継続的改善に対する自発性を確立し、新市場への参入と拡大を図り、利益率を大幅に向上させるのに役立っています。ケプナー・トリゴーのメソッドは、多くの組織で「仕事の上手な進め方」となっています。

当社の思考プロセスの価値は、まず生産現場で導入され、その後、新製品の開発からサプライチェーン・マネジメント、人事管理、さらには経営における意思決定に至るまで、組織全体の仕事のコンセプトと進め方の方法として定着していきます。デジタル化が進む中で、私たちのプロセスは、個人やチームが適切なデータを特定して使用し、問題解決を加速させ、危機を未然に防ぐことを支援することで、問題解決に焦点を当てています。最終的には、合理的なクリティカルシンキングのスキルを開発することが、意思決定とリスク低減に対して自信をつけることに役立ちます。

ケプナー・トリゴー社の食品産業におけるコンサルティングおよび能力開発についての詳細は、ケプナー・トリゴー社にお問い合わせください。

知見

企業が生き残り、発展していくためには、企業自身が公的に、そして関係機関と共に、何をするかが重要です。この記事では、現在のリコールの状況を適切に管理し、将来のリコールを予防するために取るべき対策の、効果的な進め方について紹介します。

監査やリコールに対して、短期的な関心事のみに対処するような是正措置と予防措置で対応することは、もはや許されません。是正措置/予防措置と継続的改善のプロセスを調整することが重要です。

改善の道を歩み始め、それを維持していくには、否定的な意見や惰性、仕事のやり方を変えたくないという気持ちと戦う必要があります。しかしながら、継続的に改善に取り組む文化と、効果的な生産管理の完璧な調和が、一貫したワールドクラスのパフォーマンスを生み出しているのです。

あらゆる行動がもたらすネガティブな影響は、それによる利益と同じくらい、時にはそれ以上に明白であったりします。何かを決断する前には、リスクを考慮することが必要です。つまり、実行可能と思われる候補案がもたらす、負の側面にも考慮する必要があります。

お客様の声

コンサルタント
(食品産業)

Ingrid Dueck
デリバリー部門長(北米)
北米
Tim Roberts
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ヨーロッパ
Jeng Yi Choong
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
アジア
阿相 大介<br>(Daisuke Aso)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから