フード&ビバレッジ

食品・飲料業界について一言

食品・飲料業界は、競争の激しい環境の中で、革新し、利益を最大化し、市場シェアを拡大するためのダイナミックな新しい方法を模索し続けています。パンデミックに関連したサプライチェーンの課題、健康上のリスク、自宅待機の注文は業界を混乱させ、高度に相互接続された世界における重要な役割と、消費者主導の需要の流動性の両方を明らかにしました。

ケプナー・トリゴーでは、食品・飲料業界の企業や団体が、混乱や変化にもかかわらず、効率的な運営を維持できるよう支援しています。私たちは、企業が規制上の課題に対応し、新製品の開発を進め、オペレーションを改善し、買収をスムーズに統合するための支援を行います。問題解決、意思決定、リスク管理、機会開発に対するKTの構造化された分析的アプローチは、企業が継続的な改善活動を成功させ、新市場への参入と拡大を図り、利益率を大幅に向上させるのに役立っています。KTは、多くの組織で「仕事の進め方」として採用されています。

当社のクリティカル・シンキング・プロセスの価値は、まず生産現場で導入され、その後、新製品の開発からサプライチェーン・マネジメント、人事管理、さらにはエグゼクティブ・スイートに至るまで、組織全体の仕事の概念化と実行の方法となっていきます。デジタル化が進む中で、私たちのプロセスは、個人やチームが適切なデータを特定して使用し、問題解決を加速させ、危機を未然に防ぐことで、問題解決にレーザーフォーカスをもたらします。最終的には、直感的な批判的思考スキルの開発により、意思決定に自信を持ち、リスクを軽減することができます。

食品・飲料業界向けのKepner-Tregoe社のコンサルティングおよびトレーニングについての詳細は、Kepner-Tregoe社にお問い合わせください。

サクセスストーリー

挑戦

Griffin's社は、パパクラにあるビスケット工場に大規模な設備投資を行った後、全体的な変換コストに影響を与えるいくつかの変数に対処する必要がありました。この工場では、廃棄物の多さ、ダウンタイムの多さ、計画の不備などに悩まされており、全体的なワークフローは、可能な限り低い変換コストでの生産を助長するものではありませんでした。

47%

業務効率の向上

30%

生産率の向上

結果

全体的な結果として、オペレーショナル・エフィシェンシー(OE)が成功の尺度として用いられました。100%のOEを達成するためには、ラインが理論上の最大処理能力を発揮し、工場のダウンタイムや製品の廃棄がゼロであることが必要です。KTの終了時に、工場は以下を達成しました。

50%

時間経過による変化の軽減

挑戦

ある食品会社は、Kepner-Tregoe社と協力して製品開発プロセスを再設計し、新たな役割と責任、そして新たな商品化活動を定義しました。

6

プログラム実施までの期間

47

プロジェクトマネージャーの育成

結果

この製品開発プログラムは複雑で厳しいものでした。KTチームは、明確な目標と評価基準に基づいて、お客様が道を踏み外さないようにサポートしました。その結果、プロジェクトは予定通り、予算内で完了しました。

挑戦

国際的な飲料メーカーのリーダーは、新製品の成功を妨げる慢性的なプロジェクトの過多と、精彩を欠いたプロジェクトのパフォーマンスに悩んでいました。製品開発を改善するために、彼らはKepner-Tregoeを利用しました。

結果

新しいプロセスアプローチにより、製品開発プロセスをシステムソフトウェアに統合し、日常業務に組み込むことができました。さらに、戦略外のプロジェクトを延期または終了する際の意思決定を促す基準が確立され、プロジェクトの過負荷を回避しています。

インサイト

リコール対策

企業が生き残り、発展していくためには、公の場とFDAの両方で何をするかが重要です。この記事では、現在のリコール状況をうまく管理し、将来のリコールを防止するために取るべき効果的な行動を紹介します。

CAPA(Corrective and Preventive Actions)が進化しています。継続的改善のためのCAPA

監査や製品リコールに対して、短期的な懸念にのみ対応するCAPAで対応することは、もはや許されません。今や、CAPAと継続的改善プロセスを連携させることが重要です。

生産管理プロセスへの継続的改善の適用

改善の道を歩み始め、それを維持していくには、否定的な意見や惰性、仕事のやり方を変えたくないという気持ちと戦う必要があります。しかし、継続的な改善文化と効果的な生産管理の完璧な組み合わせは、一貫した世界レベルのパフォーマンスを生み出します。

選択の帰結:意思決定の最終段階

あらゆる行動のマイナスの結果は、その利益と同じくらい、時にはそれ以上に目に見えるものです。何かを決断する前には、リスクを考慮することが必要です。つまり、実現可能な代替案がもたらす可能性のある悪い結果です。

お客様の声

私たちの専門家
in 食品・飲料業界

イングリッド・デュエック
Head of Delivery - North America
北米
ティム・ロバーツ
ビジネスソリューション シニアコンサルタント
ヨーロッパ
Jeng Yi Choong
ビジネスソリューション シニアコンサルタント
アジア
麻生大輔
ビジネスソリューションコンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから