なぜ、人事担当者やビジネスリーダー、教育関係者は「問題解決能力」を重視するのか?

ビジネスの世界は急速に進化しており、明日の労働力に必要とされるスキルは、今日のスキルとは大きく異なることは議論の余地がない。人事担当者、ビジネスリーダー、教育関係者は、常に変化の先取りをし、関連するスキルの供給が需要に応じられるようにすることを目指しています。課題は、必要とされるスキルが何であるかを、十分なリードタイムを持って把握し、対応することです。もし、このような人材育成の専門家が注目する普遍的なスキル、つまり、現在知られていて、将来、陳腐化せずに重要性を増すようなスキルがあるとしたらどうでしょうか。それは、「問題解決能力」です。

問題解決能力は、人類の歴史を通じて存在し、これまでになされたあらゆる革新、技術の進歩、起業の成功につながりました。中小企業からグローバル企業まで、あらゆる業界の企業は、日々、従業員の問題解決能力に頼って、課題や機会に対応し、新しいアイデア、新しい製品、新しい市場を引き出しています。技術は陳腐化し、差別化された製品はコモディティ化し、競争は市場の潜在力を奪う。これらの分野を中心としたスキルは耐用年数が限られており、多くのワーカーがそれを習得したときにはすでに衰退していることが多いのです。このパターンに当てはまらないスキルが、問題解決能力である。

どの企業でも、解決すべき問題は尽きない。一つ解決すると、またすぐに、より困難な問題がそれに取って代わる。簡単な問題から解決していく(低いところにある果実を収穫するように)。これが進歩の本質です。問題が複雑化し、難易度が上がるにつれ、それに対処するための労働者のスキルもますます高度にならざるを得ません。

テクノロジーの進化やグローバルな情報の流通により、ビジネスの変化のスピードが加速する中、問題は複雑化するだけでなく、時間的な制約も大きくなっています。また、競合他社が変化を真似ることで、問題解決から利益を得るまでの時間が非常に短くなることもあります。また、課題やリスクとなる問題では、解決の遅れが業績に大きな打撃を与える可能性があります。

人事担当者、ビジネスリーダー、教育者にとって幸いなことに、問題解決のスキルはかなり普遍的で、業界を越えて転用することができます。これは、技術的なスキルが陳腐化し、新しい仕事や新しい産業に向けて労働者を再教育する必要性が生じる中で、重要なことです。教育者にとっては、成功するために必要なスキルを持った人材を育成することが第一であり、問題解決の方法は、言語や文化を問わず、あらゆる教育レベルで容易に教えることができます。人事担当者にとっては、構造化された方法論を使って複雑な問題を解決する能力を示すことは、候補者が新しい職務で成功する可能性を評価するために使用できるコアコンピテンシーになります(その職務が過去の経験領域外である場合でも)。ビジネスリーダーにとっては、問題解決能力は、既存の従業員をレベルアップさせ、将来的に会社に貢献する可能性の高い従業員を特定するための非常に有効な手段となります。

Kepner-Tregoeは、50年以上にわたり、さまざまな業界の企業に問題解決のためのトレーニングとコンサルティングを提供してきました。 この普遍的なスキルを活用し、従業員のレベルアップを図りたいとお考えですか?Kepner-Tregoeの問題解決の専門家がお手伝いします。

関連

ブログ画像1
クリティカルシンキング。あなたの履歴書には、この求められているスキルの証拠がありますか?
ブログ画像1
クリティカル・シンキングに必要なのは、どのような質問をするかということです。
ブログ画像1
クリティカル・シンキング・スキル次の世代のためのビルディングブロック
ブログ画像1
フォーブスクリティカル・シンキング・スキルが組織を前進させる

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから