現場で問題解決力をつけるための3つのツール

フロントラインのチームは頻繁にカイゼンイベントに参加し、リーン生産方式で「ラインを止める」権限を与えられています。多くの現場チームは、5S、効率性、安全性に関するイベントを実施しています。しかし、あまりにも多くの組織で、フロントラインは問題解決のトレーニングをほとんど、あるいはまったく受けていません。これらのスキルを身につけるには、いくつかの便利なツールを導入することから始まります。従業員がトラブルシューティングを理解し、問題解決のスキルを身につける機会を設けている組織では、キャリアを向上させる能力を身につけることができます。私たちのクライアント企業では、現場で問題解決のトレーニングを受けることが、継続的改善の文化を構築する上で重要であることが証明されています。

ここでは、現場の問題解決能力を迅速に向上させるために、問題発生時に問題を正確に伝え、原因究明に必要なプロセスを理解してもらうために、特に有効な3つのツールを紹介します。

The Five Whys:トヨタのFive Whysプロセスは、基本的には問題を提示することから始まり、"I don't know "という答えが出るまで "Why? "と尋ねます。このシンプルなツールを提供することの真価の一つは、従業員がシフト上で起こりうる問題をどのように伝えるかを洗練させることにあります。質問をすることで、問題をより明確に説明することができ、問題解決を加速させることができます。例えば、「床が濡れています」と問題を伝えるのではなく、「なぜ濡れているのか」と質問することで、予備的な調査を始めることができます。なぜ濡れているのか?なぜ濡れているのか?3番ラインの桶が溢れているからです。なぜ?なぜなら、桶の上の水道管が漏れているからです。なぜ?わかりません。さて、この問題は、メンテナンスに「床が濡れている」と報告するのではなく、「水管が3番線の桶に滴下して床を水浸しにしている」と報告することで、原因究明に近づきます。この問題はモップだけでは解決しません。

Kepner-Tregoe問題分析。

現場での問題の描写は、KT問題分析を使って問題の記述と特定を行うことで劇的に改善される。問題を特定するには、2列のIsとIs Not、4列のWhat?IsとIs Notの2列と、What?どこで?いつ?範囲は?

先ほどの例では、「水道管が桶に漏れている」ではなく、「どこ?そして、3行目の桶の上のパイプであり、1行目と2行目のパイプではないことを明示します。これらのIs/Is Notを指針とすることで、問題解決者は問題のパラメータを把握し、問題解決者を原因に導く区別を探ることで、調査に集中することができます。このような問題解決のためのより複雑なアプローチや、問題分析プロセスの他のステップを学ぶことは、学んで実行するというアプローチをとることで加速することができます。KT社では、現場の従業員が以下のようなシミュレーションを行っています。 学ぶことと行うこと 扱いやすい一口サイズのトレーニングで素早くスキルを習得することができます。

8D:

フォードの完全な根本原因分析プロセスの概要を紹介することで、現場は問題が解決プロセスのどの段階にあるかを理解することができ、プロセスとしてのトラブルシューティングのマクロビューを提供します。問題を回避または抑制するための手順が取られた(D3)からといって、原因が発見された(D4)とか、解決策が実行された(D6)というわけではありませんが、トラブルシューティングの重要なステップです。また、古い機械の交換が予定されている場合など、新しい機械が到着するまでの間、封じ込めで十分な場合もあります。8Dの図は、RCAを導入し、問題を軽減し、真の原因を見つけ、実際に解決策を実行するという一連のプロセスを理解するのに良い方法です。

問題に応じて適切なツールを選択することで、問題解決を迅速に進めることができます。これらのツールやその他の重要なツールをフロントラインに導入することで、ワーカーは問題をよりよく説明し、問題解決をプロセスとして理解することで、問題解決を加速することができます。フロントラインは、自分の洞察力と経験を適切に加えることで、継続的改善の取り組みにおいて重要な役割を果たすことができます。問題解決のトレーニングを受けることで、彼らはプロセスの中で重要な役割を果たす能力を持つことになり、問題解決に向けてより大きなコミットメントを得ることができます。

最前線での機会創出については、以下をご覧ください。 第一線で活躍する社員が、継続的改善のためにリーダーシップを発揮する方法

クリスチャン・グリーン は、Kepner-Tregoe社のオペレーショナル・エクセレンスのグローバル・リーダーです。Kepner-Tregoe社のオペレーショナル・エクセレンス部門のグローバル・リーダーであり、製造業のお客様のオペレーショナル・エクセレンスの追求をサポートするグローバル・コンサルティング・チームを率いています。連絡先 cgreen@kepner-tregoe.com

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決とサービス・エクセレンス・プロセスにおける業界のリーダーとして活躍してきました。KT社の専門家は、ツール、トレーニング、コンサルティングを通じて、企業のインシデントおよび問題管理のパフォーマンスレベルを向上させ、企業の最も重要な問題に対応できる効果的なサービスマネジメントチームを構築しています。

ブログ画像1
フロントラインサポートのトラブルシューティングスキル。最初から正しいことをする
ブログ画像1
インダストリー4.0に向けて、現場の社員が知っておくべきこととは?
ブログ画像1
どのようにして組織はフロントラインサポートチームを弱体化させるのか
ブログ画像1
フロントライン・ワーカーオペレーショナル・エクセレンスのヒーローたち

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから