インダストリー4.0に向けて、現場の社員が知っておくべきこととは?

デジタル化された新しい製造環境の中で、残された現場作業者は誰で、何を知る必要があるのか。デジタル化への投資は、現場の能力への投資と一体となって進んでいます。既存の経験や知識の価値を新しいテクノロジーがもたらす機会に合わせて最適化するために、組織は現場で新しいスキルを構築しています。現場のチームは、生産を維持し、デジタルへの移行を行い、新しいデータの流れを利用する必要があります。これは、高度な問題解決能力とリスクを軽減する能力を意味します。

IoTによって製造業の安定性と生産量が新たなレベルで構築されていく中で、オペレーターやメンテナンス担当者などの現場での責任は変化しており、一部の仕事は消滅しています。機械を動かしたり、調整したり、小さな問題を解決したりする必要性は減少しています。しかし、残った現場作業者にとっては、反復的な手作業が減って安全な環境になるなどのメリットがあります。しかし、この新しいデジタル環境で問題が発生すると、現場はこれまで経験したことのないような複雑な問題に直面することになります。この新たなフロンティアに加えて、コントロールが難しいグローバルなサプライチェーンの不確実性と、ますます厳しくなる顧客の要求があります。

幸いなことに、破壊的な新技術は製造業を変えるだけでなく、トレーニングも変えています。ジェット機のパイロットや宇宙飛行士、軍隊で重要なスキルを身につけたり維持したりしてきたシミュレーショントレーニングが、問題解決やリスク管理などのソフトスキルを含む様々な能力を身につけるために広く利用できるようになりました。テクノロジーを駆使した能動的な学習は、教室での長時間の授業を必要とせず、短時間で行うことができるため、現場での学習に最適です。また、シミュレーションによる学習は、理論よりも応用に重点を置いており、実践的でインタラクティブな課題を提供することで、受講者の興味を即座に惹きつけます。シミュレーションは、文化や学習スタイルを超えたトレーニング方法であり、新しいスキルを仕事に応用する自信を素早く身につけることができます。

現場のスキルを高めることの価値は、決して新しい概念ではありません。リーン生産方式では、アラームが鳴ったときに現場のオペレーターが「ラインを止める」ことで、問題にすぐに対処できるようにすることが重要です。リーン生産方式では、アラームが鳴ったときに現場のオペレーターが「ラインを止める」ことで、問題にすぐに対処できるようにします。オペレーターを問題解決者として位置づけ、トラブルシューティングや問題の調査に参加させることで、オペレーターの復権を図ります。オペレーターは、機械が発生させるアラームを監視することに圧倒されてしまうことがよくあります。自動化によって生成されたデータの使用に直接関与し、問題のトラブルシューティングと改善方法を教えることで、オペレーターは、自動生成されたプロンプトやデータの解釈と対応方法について自信を深めることができます。

現代の複雑な製造現場では、多くの部品が相互に影響し合っており、ある場所での変化がシステム全体に影響を与える可能性があります。 根本原因分析を理解することは、望ましい結果を得るためにどこに変更を加えればよいか、またその潜在的な影響を考えることを意味します。根本原因を究明するためには、複雑なシステムとその依存関係を解明する必要があり、組織のさまざまな部分の関係者が参加しなければならないこともあります。 元々の問題と修正活動の両方の影響は、広範囲に及ぶ可能性があります。 このような問題に対処するためには、現場を含む業務全般の人々を巻き込んだ正確で協力的なアプローチが必要であり、これにより業務は新しいデジタルワークプレイスで得られる機会を最大限に活用することができます。

今日のデジタル化の進展に伴い、クリティカルシンキングのスキルを持つフロントラインワーカーへのニーズが高まっています。問題を解決し、論理とデータを駆使する高度な能力の価値は、製造業では不変のものであり、急速に近づいているインダストリー4.0のデータ駆動型の状況の中で、ますます明らかになっています。

 

Kepner-Tregoeアプローチについては、以下の通りです。 フロントライン・トレーニング

クリスチャン・グリーン は、Kepner-Tregoe社のオペレーショナル・エクセレンスのグローバル・リーダーです。Kepner-Tregoe社のオペレーショナル・エクセレンス部門のグローバル・リーダーとして、製造業のお客様のオペレーショナル・エクセレンスの追求をサポートし、重要業績評価指標の改善による結果の促進に焦点を当てています。

60年以上の歴史があります。 Kepner-Tregoe は何千もの企業に力を与え、何百万もの問題を解決してきました。Kepner-Tregoeのサービスは、組織の課題に永続的に取り組み、品質とパフォーマンスを向上させ、全体的なコストを削減するという測定可能な結果をもたらすように設計されています。

関連

ブログ画像1
フロントラインサポートのトラブルシューティングスキル。最初から正しいことをする
ブログ画像1
フロントライン・ワーカーオペレーショナル・エクセレンスのヒーローたち
ブログ画像1
どのようにして組織はフロントラインサポートチームを弱体化させるのか
ブログ画像1
現場で問題解決力をつけるための3つのツール

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから