ビジネスとIT - Alignment or Convergence?

この3週間、私は2つの大陸で開催された3つの異なるイベントに参加・訪問することができました。 The Open Groupのイベント in Amsterdam。 フュージョン17 のオーランドと ケルンでのKepner-Tregoeゴールドクライアントイベント.前2者は完全にITに焦点を当てたもので、後者はデジタル時代のオペレーショナル・エクセレンスを志向したものでした。

共通のテーマは、「Business-IT Alignment」の状況でした。ここしばらくの間、ITは自らのアジェンダを重視するのではなく、ビジネスやユーザー、そのニーズに合わせて調整を行ってきました。ケルンで開催されたクライアントフォーラムでは、Mark Smalleyがまだ残っているギャップのスナップショットを紹介してくれました。

私たちは、「ビジネスパーソン」と「ITパーソン」として、まだ道半ばであることは明らかです。私たちは、共通の戦略、アプローチ、そして共同言語を作り、お互いの努力を徹底的に統合することに苦心しています。マークの研究とグループの議論によれば、これは次のようなことから始めるべきです。 共同で所有する成果と目標 そして より継続的なエンゲージメント IT改革プロセスにおけるビジネスの役割と、ITがビジネスとともにイノベーションのアジェンダを設定すること。

しかし、マークが私に投げかけた重要な疑問は、それがアライメントの問題なのか、それとも究極的にはコンバージェンスの問題なのかということでした。ITのどの部分を様々なビジネスラインに分散させ、どの部分を集中させて自己完結させるべきなのか。デジタルトランスフォーメーションの時代に、ビジネスを実現する重要な要素がITである(ITとビジネスが同じであるという意味)とすれば、アライメントの議論は不十分なものになるでしょう。それよりも、ビジネスとITの戦略とニーズ、ビジネスとITのプロセス、ビジネスとITの能力、ビジネスとITの構造を統合することが必要なのです。最終的には、真の価値を共創することに焦点を当て、顧客やユーザーに迅速に対応しなければなりません。

Kepner-Tregoeでは、これがプロセス改善や問題解決の世界にどのように関連するかについて、もちろん強い意見を持っています。ITサービスマネジメントの文脈では、顧客やユーザーの経験、生産性や満足度に始まる(そして終わる)必要があると考えています。したがって、お客様のITに関する課題(イベント、インシデント、問題など、呼び方は問いません)を解決するためのアプローチは、お客様に結びつかない個々のプロセスを超えて、全体的な「バリューストリーム」に目を向ける必要があります。 IT4IT は、「Detect to Correct」と呼んでいます。

お客様と接していると、インシデント管理、問題管理、変更管理などの従来のITプロセスが、それぞれのリーダーの下で、異なる優先順位で行われており、エンドユーザーとの間にも複数のインターフェースが存在していることに気がつきます。ここでよく欠けているのは、エンドツーエンドの顧客視点と、実際に提供される価値への焦点です。つまり、顧客の実際の問題をより早く、永続的に解決し、ITの可用性を最大限に高め、基盤となるシステムや機能を継続的に改善することです。

したがって、あなたへの質問です。まだ調整中なのか、それともすでに収束しているのか?ITとサービス・エクセレンスについての詳細はこちら これ.

関連

ブログ画像1
IT業界のための問題解決トレーニングに投資すべき5つの兆候
ブログ画像1
3 ITのための問題解決の戦略

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから