製紙業・梱包業について

梱包業は、統合・同期化されたサプライチェーンを通して、継続的な成長が見込める重要でグローバルな産業です。環境に重点を置くことが、市場のリーダーとして競争優位性を獲得することに繋がります。この業界は、新たな技術的課題、人口動態の変化、資源に関する課題などに直面しており、今後の前進に備えて、変革を加速させることがますます重要視されています。

ケプナー・トリゴー社は、何世代にもわたってこの業界のお客様をサポートしており、問題解決スキルを身につけ、より世界的な規模で安全性と信頼性に取り組んできました。生産現場のデジタル化が進むにつれて、変化し続ける労働力において、高度なクリティカルシンキングのスキルの必要性が高まっています。業界のリーダーたちは、経営陣が複雑な業務上の問題を解決し、品質を改善し、コストを抑えるための新たな機会を創出し、リーン、シックスシグマ、その他の継続的改善などの標準的なツールを強化・洗練するために、ケプナー・トリゴーに注目してくれています。

ケプナー・トリゴーの製紙業・梱包業におけるコンサルティングおよび能力開発についての詳細は、ケプナー・トリゴーにお問い合わせください。

知見

製造業におけるデジタル化の進展(デジタル技術がもたらす破壊的イノベーション)は、オペレーショナル・エクセレンス(OE)がますます要求が厳しくなる顧客にサービスを提供し続けながら、安定性、品質、効率性を追求するという、ダイナミックな状況を生み出しています。このホワイトペーパーでは、デジタル化が進みつつある業務のためのOEの基盤の概要について説明しています。

「差別化か死か!」。製品やサービスの革新による差別化こそが、生き残り、成功する方法です。しかし、この厳しい時代に、乏しいアイデアで貴重な資源を浪費するわけにはいきません。ここでは、イノベーションが効果的であることを確実にする方法を見ていきます。

改善の道を歩み始め、それを維持していくには、否定的な意見や惰性、仕事のやり方を変えたくないという気持ちと戦う必要があります。しかしながら、継続的に改善に取り組む文化と、効果的な生産管理の完璧な調和が、一貫したワールドクラスのパフォーマンスを生み出しているのです。

あらゆる行動がもたらすネガティブな影響は、それによる利益と同じくらい、時にはそれ以上に明白であったりします。何かを決断する前には、リスクを考慮することが必要です。つまり、実行可能と思われる候補案がもたらす、負の側面にも考慮する必要があります。

お客様の声

コンサルタント
( 紙・包装産業)

Drew Marshall
リージョナル・マネージング・ディレクター
北米
Burkhardt Prigge
ビジネスソリューションシニアコンサルタント
ヨーロッパ
George Ng
リージョナル マネージング ディレクター
アジア
阿相 大介<br>(Daisuke Aso)
ビジネスソリューションズ コンサルタント
日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから