ビジュアルマネジメントの価値

ビジュアルマネジメントが組織にもたらす価値とは?

雨が再び降り出した。スミス卿は、南ロンドンの狭い通りを急いで馬で走っていた。「困った夜にぴったりだ」と彼は息を切らしてつぶやいた。これは帝国の終焉なのか?他の領主たちは、すでに会議の場で彼の到着を待っていた。

薄暗い会場に到着したスミス卿は、帝国の新たな不穏な動きについて熱い議論を展開していた。その中には、積極的な行動をとるべきだという意見もあれば、忍耐強く受け身で対応するべきだという意見もあった。しばらくして、議論は収束した。ジョーンズ総督はスミス卿を見上げて、深くて厳しい声で「スミス卿、あなたの考えに1ペニーを」と言った。

そんな時代、1500年代頃、人々は他人の頭の中で起きていることに価値があることに気付き始めたのです。他人の考えていることを知るために、「お金を払う」ことを惜しまなかったのです。今でこそ、1円の価値はほとんどないと思われているかもしれませんが、16世紀は違いました。

思考が価値を生むのと同じように、リーンやビジュアルマネジメントの概念は、第二次世界大戦後に高く評価されるようになりました。アメリカではこの頃、情報を可視化することの威力を実感し、それまでの仕事のやり方を変えていきました。

ビジュアルマネジメントの導入

組織内の透明性を高めるために、多くの企業がビジュアル・マネジメントを採用しています。ビジュアルマネジメントを実現した最高の例と言えるのが、フランスの原子力発電所です。

この工場では、最高水準のビジュアル・マネジメントが導入されていた。通路には標識が設置され、安全な場所と危険な場所が明確に表示され、塗装されていた。また、機械の近くのダイヤルはきれいに清掃され、色分けされたマーク(安全な操作/重要な操作)が表示され、ビジュアル・マネジメント・ボードが設置されていた。これらのボードには、KPIグラフ、文書、問題解決のために取られたアクションのリストなどの情報が含まれています。

私が働いていた英国の別の生産施設では、特に困難な状況に直面したときに、情報が不足しており、知識を獲得できていないことに気付きました。ライン上の機械は予想以上に頻繁に故障し、問題も常に発生していました。

私たちはVisual Managementの旅に出て、問題解決のアプローチのステップは何か、どんなデータを使ってどのように分析したか、どんな結論に達したかを文書化し始めました。

これにより、物事がどのように機能するかを理解することで知識を増やし、「Right First Time」問題解決の目標を達成することができました(最初の試みで物事を良い方向に解決する)。問題解決のために考えたことややったことを記録するためには、ホワイトボードと大量のマーカー、そして私たちの行動の変化が必要でした。

ベンチマークのパフォーマンスは、ある実験によって測定された。事業所の財務部門から、原子力発電所の運営について基本的なことも知らない人を連れてきて、発電所内を歩き回り、問題点を洗い出すように言ったのです。

財務担当者は実験を安全に行うことができ、実験が終わるまでに約4つの懸念事項を指摘しました。彼はビジュアル・マネジメント・ボードのデータを使って、何が期待通りに機能していないのか、何が対処されているのか、最新の状況はどうなっているのか、どんな問題がすでに対処されていて、その結果はどうなっているのかを把握した。限られた知識の中で、お金をかけずに、利用可能なすべての情報を注意深く観察するだけで、プラントを管理することができたのである。

同様に、スミス卿についても、話によると、彼は冷静に立ち上がってメインテーブルに近づいた。彼は地図を広げて、それぞれの提案がこの戦いにおける英国海軍の立場にどのような影響を与えるか、戦術はどうか、必要な資源は何か、そしてそれぞれの行動のリスクは何かを示し始めた。解決策はグループ内で明らかになり、状況は確かに危機的だったが、原因はまだ失われていなかった。彼は自分の考えのためにペニーを取らなかったが、念のために言っておくと、そのペニーは今日、$43くらいになっているだろう。

これこそがクリアな思考の価値なのです

ブログ画像1
クリア・シンキング:最後の真の競争力
ブログ画像1
送電線作業員の安全性が、ITへの明確な思考をもたらす
ブログ画像1
ソクラテスとKTクリアシンキング
ブログ画像1
KTケーススタディ。インターベイク・フーズの成功を支えたKTの明確な思考法

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから