現代の問題解決を可能にする自動化とは

組み込みセンサー、IoT、機械学習、人工知能などの技術開発は、現代の企業におけるオペレーション機能、製造、ITの管理方法に多大な破壊的影響を与えています。問題解決がアートなのかサイエンスなのかは議論の分かれるところですが、私たちが同意できるのは、アップグレードされたツールセットを持つことで、アーティストもサイエンティストも、より効果的にその技術を発揮できるということです。

ここでは、テクノロジーとオートメーションが現代の問題解決を可能にする4つの方法をご紹介します。

1.何かあった時にリアルタイムでオペレーターに警告.問題解決のプロセスがどれほど洗練されたものであっても、問題が存在することを知らなければ問題を解決することはできません。コストパフォーマンスに優れたIoTデバイス、組み込みセンサー、接続性の向上、クラウドベースの分析などの技術的進歩により、企業は監視対象の範囲(幅と多様性の両方)を拡大することが可能になりました。機械学習とクラウドベースの分析により、拡大したセンサーデータをリアルタイムで処理してノイズを除去し、意味のあるイベントを特定してシステムのオペレーターに警告を与えることができます。自動化された機能により、オペレーターは、何か問題が発生した場合、すぐに警告を受けることができるという安心感を持って、より多くのシステムを管理することができるようになりました。

2.問題の根本原因をたどる.利用可能なセンサーデータの量が増えたことに加え、オペレーターの数が減り、システムが複雑になったことで、問題の根本原因を突き止めることが難しくなっています。機械学習、診断機能、依存関係の分析、センサーデータの相関などの自動化により、システムの状態に関するリアルタイムの情報(センサーやアラート)と、システムの構成に関する既知の情報(コンポーネント間の依存関係)を関連付け、オペレーターが問題の根本原因をより効果的に突き止め、適切な対応策の策定を開始できるようになります。

3.衝撃の抑制.自動化は、問題の根本的な原因を特定するだけでなく、問題が業務に与える影響をより正確に評価し、影響の抑制に向けた対策を講じることを可能にします。機械学習技術は、自己診断と自己修復機能を実現する上で大きな役割を果たしています。自動化されたパターン識別を利用して、フェイルオーバーアクション、システムの再起動、コンポーネントの分離を実行し、根本的な問題に対処している間もエンドユーザーサービスを利用できるようにします。

4.ソリューションのシミュレーションとテスト 自動化によって現代の問題解決が可能になる最もエキサイティングな分野は、ソリューションの代替案のシミュレーションと仮想テストではないでしょうか。また、同じシミュレーション機能を使って、本番環境で実施した変更の効果を検証し、ソリューションのパフォーマンスを長期的に監視することができます。

自動化は、現代の問題解決に大きな変化をもたらします。それは、リアルタイムのオペレーションを可視化するだけでなく、潜在的なソリューションの影響を将来にわたって効果的に予測する能力を可能にします。問題解決者が新しいツールを使いこなせるようになれば、企業は問題が業務に与える影響を効果的に切り分けて(回避して)、根本的な問題の解決にリソースを集中させ、長期的な成功を収めることができるようになります。

ブログ画像1
自動化で問題を解決する
ブログ画像1
自動化によってITの問題解決が難しくなっていること
ブログ画像1
オートメーションはあなたの労働力を弱体化させていませんか?
ブログ画像1
働き方の未来を受け入れる適応性と敏捷性の重要性

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから