働き方の未来を受け入れる適応性と敏捷性の重要性

将来の労働については、どのような新しい産業が生まれ、どのようなスキルが必要とされるのか、誰にも確実には分かりません。分かっているのは、未来は今日の労働環境とは根本的に異なり、その変化のペースは誰もが予想していないほど速いだろうということです。明日の労働力を準備することを使命とする学習・開発リーダー、教育者、人事担当者にとって、このことは非常に重要な問題を提起しています。「将来の仕事がまだ発明されていない可能性が高いのに、従業員がキャリア・パスを描くことができるでしょうか?

この質問に対する答えは... 「はい、可能です!」です。Harvard大学教授で元経済諮問委員会議長のJason Furmanの最近のツイートがそれを見事に言い当てています。"仕事には未来がある。それが何であるかは誰も知らない."

従業員がこれからのキャリアの変化をうまく乗り越えるためには、個人も組織も、スキルの耐久性やキャリアの長さという概念を捨て去ることが重要です。企業も従業員も、現代の仕事環境の流動性を受け入れ、それぞれの機会を最大限に活用する方法を模索しなければなりません。学習・開発や人事のリーダーや教育者は、成功のためにいくつかの分野に注目することができます。

適応性と敏捷性

職場では日々、新たな課題や期待の変化に直面するため、適応能力は個人にとって不可欠な特性となります。先週昇進した人のスキルセットが、来週は仕事がなくなるかもしれないのです。過去の成功体験を未来の指標とすることはできません。従業員は、未来とそれを作るための自分の役割に焦点を当て続けなければなりません。

組織の敏捷性を可能にするプロセス (ダイナミックな変化をサポートし、環境刺激への迅速な対応を可能にする)は、競合他社と比較して戦略的に重要な差別化要因となります。機会はますます狭くなっており、組織がいかに迅速に対応して実行するかが、実際の対応内容と同等(あるいはそれ以上)に重要になってきます。

スキルセットとマインドセットの変化

個々の従業員にとって、将来の仕事環境に備えるには、スキルセットとマインドセットの両方を大きく変える必要があります。

2016年の 世界経済フォーラム の「未来の仕事」報告書によると、問題解決、意思決定などの基本的なスキルは、従業員が環境の変化を迅速に認識し、自分が望む結果を生み出すために必要な要素である、としています。学習・成長マインドを受け入れ、継続的な自己改善につながる機会や経験を求めることで、従業員は変化を環境の正常な一部であるだけでなく、ワクワクするものであると認識するようになります。

従業員の意識が変わることで、組織全体の文化が草の根的なリーダーシップとそれに伴う組織の敏捷性を受け入れる方向へと変化していきます。社員の多様な意見を取り入れた意思決定を行う企業は、(一部の指導的立場の人に頼るのではなく)ビジネス・チャンスに対して革新的なアイデアを得ることができます。革新的なアイデアを見つけ出し、競合他社よりも早く実行することが、現代のビジネスの世界で競争上の優位性を生み出す鍵となるのです。

未来の仕事はワイルドなものになりそうです。今後数年間に予測される労働力の動向と、それに備えるために従業員が今から取り組んでおくべきスキルについての詳細は、ホワイトペーパー「組織の将来性を高める」をダウンロードしてご覧ください。 こちら ケプナー・トリゴーは60年以上にわたり、企業が適応性と敏捷性を実現するためのプロセスを導入し、社員のスキルをレベルアップすることを支援してきました。職場環境の変化に伴い、これらの特性は現代の企業にとってかつてないほど重要なものとなっています。

関連

ブログ画像1
未来の仕事のためのスキル - Part I
ブログ画像1
未来の仕事のためのスキル - Part II

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから