未来の仕事のためのスキル - Part I

「ロボットが私たちの仕事を奪うようになる。コンピューターが私たちよりも賢くなる!人間はもう会話をする必要がなくなる!」。

しかし、テクノロジーや消費者のニーズの変化に伴い、今後数年間で職場に大きな変化が起こるでしょう。未来の仕事に合わせて役割や責任が変化する中で、私たちは皆、"自動化が進む職場で人間はどのような役割を果たすのか "という疑問を抱いています。

問題は、人間と機械の分業化に対応するために必要なスキルは何かということです。

データサイエンスやデータアナリティクスのようなスキルは、かつては技術者の世界だけのものでしたが、今では新しいビジネスの世界で非常に重要な意味を持っています。意思決定や問題解決のようなソフトスキルは、複雑な新しい仕事環境に合わせて劇的に再定義されます。また、創造性や共感力など、これまで「あったらいいな」と思われていたものが、「知っていなければならない」ものになっています。

それから、意外と知られていないスキルもあります。あまり知られていない特性です。 エッセンシャリズム 例えば、 グリット は、生産性の向上や目標達成のための成功に大きく貢献する分野として登場しました。現代の職場環境で最も価値のあるスキルは、おそらく学習能力と迅速な適応能力であろう。そして最後に、組織が必要に応じて人材のギャップを迅速に埋めることができるよう、コントラクター・スキルを求めなければならない。

ここでは、将来の労働力のDNAとなるべき8つのコアスキルについて考えてみましょう。

エッセンシャリズム

彼の著書の中で エッセンシャリズム。The Disciplined Pursuit of Less(より少ないものを律儀に追求すること)」です。 グレッグ・マッキーンは、「エッセンシャリストの道とは、より多くのことを成し遂げる方法ではなく、正しいことを成し遂げる方法である」と述べています。本質的なことだけを行い、最高の貢献をするために、時間とエネルギーを最も賢明に投資することです。

本質主義者のリーダーは、より少ないものに投資することで、組織が最も重要なことで大きく前進するのを助ける能力を持っています。気が散って仕方がない世界では、少数の重要なものに集中し、多数の重要でないものを無視する方法を知っている人が企業に必要です。

グリット

の著者であるアンジェラ・ダックワース氏は グリットこのスキルは、「非常に長期的な目標に対する情熱と忍耐力を持つこと」と定義されています。忍耐力のある人は、粘り強く自分自身を前に進める傾向があります。

新しい課題に直面したときにあきらめてしまう社員や、変化のための大変な作業を避けがちな社員は、会社から去っていきます。グリットのある人は違います。彼らは成長思考を持ち、企業の利益に貢献したいという気持ちが根付いています。

グリットの特性は、実際にはIQよりも成功を左右するものであり、進化する職場では貴重な資産となります。

ラーニングアジリティ

ビジネスの世界は猛烈なスピードで変化しており、知識の賞味期限も短くなっています。

従業員は、新しい環境に対応するために、常に自分の知識ベースを変化させる必要があります。

アジャイル・ラーナーは、変化する状況や環境に適応することで、迅速かつ効果的に進化する能力を持っています。新しい知識がすぐに適用され、保持され、常に目の前のタスクに関連していることを確実にするために、実践を通して学ぶ方法を探します。

研修のために社員を休ませる余裕のある企業はほとんどありません。むしろ企業は、学習を日々の仕事に不可欠なものにする方法を模索しています。そのためには、アジャイル・ラーニングが必要です。それができなければ、ビジネスは停滞してしまいます。

データサイエンス/データアナリティクス

ビッグデータは、企業が顧客をよりよく知り、新しい製品やサービスを立ち上げ、支出を最適化し、業務を最大限に活用するために利用できる貴重な洞察であり、今日のビッグビジネスとなっています。

このようなデータセットを作成するには、データを収集し、その中から適切な情報を見つけ出す方法を理解している必要があります。そのためには、質問を作成するデータサイエンティストと、その質問に対する答えを見つけるデータアナリストという、2つの異なる分野が必要です。別の言い方をすれば、データサイエンスはデータアナリティクスに使える情報を提供するものです。

企業は情報を知識に変えることができる人材を必要としているため、データサイエンスもデータアナリティクスも未来の仕事の重要な要素となります。

意思決定

新しい職場では、意思決定の方法が問われています。デジタルコラボレーションツールが会議室を変え、人々はオンデマンドで情報にあふれ、コミュニケーションやアイデアを期待するスピードが加速しているため、重大な意思決定は難しく、リスクを伴います。

今日の意思決定は、十分な情報に基づいた分析とデータ、そして主要なステークホルダーの参加に基づいて行われなければならず、たとえそれが不完全であったり、不評であったりしても、誰もが支持できるバランスの取れた決定を下すことが必要です。

これからも職場は進化し続け、新たな課題や判断が生まれてくるでしょう。企業を前進させるためには、自分の意思決定に自信を持った人材が必要です。

複雑な問題解決

複雑な問題解決では、問題そのものではなく、より広い範囲に目を向けます。多くの要因があり、解決策が不明瞭で、問題自体がシステム全体の一部であったり、関連していたりします。

複雑な問題解決者は、好奇心が旺盛で、既存の可能性から新たな組み合わせを見つけ出す認知的柔軟性を持ち、確固たる事実とアイデアを見分けることができるため、高度に相互接続され、ダイナミックに変化するこの世界において貴重な資産となります。

相互依存の環境を構成する可動部品の数は増える一方であり、知識労働に対する真の需要が生まれています。新世界の複雑な環境で定義されていない問題を解決する方法を知ることは、将来を見据えた組織にとって重要なスキルセットとなるでしょう。

デザイン思考

デザイン思考とは、共感を持って創造的に問題を解決することです。人間中心のアプローチを用いて、見る人の目線で課題を捉え、ユーザーの視点から見て好ましい、論理的で経済的にも実現可能な解決策を生み出すことです。

デザインシンカーになるためには、鋭い観察力、さまざまなアプローチを試みる意欲、協調性、そして創造的で変革的なソリューションを生み出す能力が必要です。

デジタルトランスフォーメーションが職場での存在感を増し、多くの仕事がオートメーションに取って代わられるようになったとしても、機械が人間のように考え、感じるようになるにはまだ程遠い状況です。デザイン思考は、人間が機械と共存し、調和のとれたコラボレーションを可能にします。

コントラクターのスキル

契約やアウトソーシングによって、企業は必要なときに必要なスキルを迅速に獲得することができます。契約社員は柔軟性があり、ピーク時やビジネスにスキルギャップが生じたときに必要に応じて参加することができ、スキルが必要なくなったときには簡単に退出することができます。

コントラクターは、デジタル・コミュニケーションとコラボレーション・ツールのおかげで、ほぼすべての業界で、ほぼすべての場所から雇うことができます。また、契約に基づいて現場で働くこともできます。

新しいテクノロジーに基づいて仕事が再設計され、スキルギャップが拡大し続ける中で、ますます多くの企業が独立した労働者のプールを活用するようになるでしょう。同時に、仕事のペースは急激に増加しているため、柔軟で俊敏なコントラクターを雇用することは論理的な解決策となります。

機会の窓は急速に閉じている

テクノロジーの導入をサポートし、ひいてはビジネスの成長を促進するためには、ヒューマンスキルが必要です。しかし、世界的なスキル危機が迫っています。今こそビジネスリーダーは、将来の労働力を確保するために、必要なスキルの予測から、従業員が新しいスキルを学び適用するための環境整備まで、労働力の準備方法を全面的に見直す必要があります。

ケプナー・トリゴーについて

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決とサービス・エクセレンス・プロセスにおける業界のリーダーとして活躍してきました。KT社の専門家は、ツール、トレーニング、コンサルティングを通じて、企業のインシデントおよび問題管理のパフォーマンスレベルを向上させ、企業の最も重要な問題に対応できる効果的なサービスマネジメントチームを構築しています。

ブログ画像1
未来の仕事のためのスキル - Part II
ブログ画像1
働き方の未来を受け入れる適応性と敏捷性の重要性
ブログ画像1
仕事の未来は、柔軟性、適応性、そして回復力のある労働力によって開かれます
ブログ画像1
未来の仕事:新しいスキルを手に入れるのではなく、それを使うことが重要

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから