継続的改善をDNAに組み込む

人は間違いを犯し、システムは壊れ、プロセスは衰退し、競争上の優位性が失われていく-それがビジネスの本質なのです。 永続的な成功は、安定性の上に築かれるのではなく、自省と学習から生まれる適応性と敏捷性の上に築かれるのです。 企業として、組織のDNAに継続的な改善を組み込み、企業文化の柱とすることは、収益性と持続的な競争優位性を確保するために不可欠です。

あなたの会社は、日々、環境や社内からの破壊的な攻撃にさらされています。 顧客のニーズと期待は常に変化しており、製品やサービスへの要求も高まっています。サプライヤーは、原材料や部品の価格を継続的に引き上げ、コスト圧力を高めています。従業員は、賃金や福利厚生の向上、昇進、職場環境の改善を期待しています。競合他社は、顧客や市場シェアを奪うために絶え間ない戦いを繰り広げています。このような状況にもかかわらず、株主は、売上と利益が四半期ごとに増加することを期待しており、そうでない場合の言い訳は許されません。

ここから得られる教訓は明確です。「何もしないという選択肢はありません!」。 高いレベルの業績と競争力を長期間にわたって維持できている企業は、生き残り、競争し、繁栄するためには、ビジネスのあらゆる側面を継続的に改善し、改良しなければならないことを知っています。そのためには、まず自分自身を振り返ることから始めます。 完璧なものはありませんし、それを期待すべきではありません。 すべての人、すべての活動、すべてのプロセス、すべての製品には、価値を高めているものと、改善できるものがあると考えるべきです。 価値は時間とともに減少し、各構成要素の組織に対する耐用年数は限られています。

組織のあらゆる部分がリスクとチャンスの両方であることを認識したら、次にどこを変えるべきかを考えなければなりません。成功の鍵は、利用可能なリソースで価値創造を最大化するために、改善可能な領域を特定することにあります。すべてを改善することはできませんが、何かを改善するチャンスを逃さなければ、その効果はどんどん高まっていきます。

一連の改善機会が解決したら、環境全体を再評価し、何が変わったのか、次の対応可能な機会はどこにあるのかを確認します。 そして、再びこのプロセスを実行します。 評価し、優先順位をつけ、解決し、それを繰り返すという継続的なサイクルが、継続的改善のすべてなのです。 複雑ではなく、退屈でもなく、そして最も重要なのは、このプロセスが決して完了しないことです。

継続的な改善は簡単なのに、なぜ会社のDNAに組み込むのが難しいのだろう」と疑問に思うかもしれません。 その答えは、人と文化にあり、2つの言葉で説明できます。誇り」と「優先順位」です。 人々は、自分が行う仕事やその方法、そして自分が生み出すものに誇りを持っています。 創造された価値が減少していることや、物事が必要なようにうまくいっていないことを認めるのは難しい。 また、人々は(一般的に)非常に忙しく、優先事項が重なることが多い。ほとんどの企業では「最近、私のために何をしてくれたか」という考え方が浸透しており、人々は長期的な価値の創造よりも目先の成果を優先してしまいます。

継続的な改善を企業のDNAに組み込むには、こうした文化的な障害を取り除き、従業員が継続的な改善サイクルを受け入れるように促すことが重要です。 すべての組織は、業界、企業規模、成熟度、地理的条件、リーダーシップ、その他多くの要因によって異なります。つまり、継続的改善を企業文化にうまく組み込むためのレシピは、その企業独自のものである必要があるのです。

Kepner-Tregoe社は50年以上にわたり、オペレーションとITSMの両方において、持続的な成果と永続的なパフォーマンスを生み出すために、(貴社のような)ユニークな企業が継続的な改善プロセスを開発し、それを組織のDNAに組み込むことを支援してきました。

ブログ画像1
継続的な改善のためのマインドセットが、未知の世界への準備となる
ブログ画像1
生産管理プロセスへの継続的改善の適用
ブログ画像1
ビジネス・プロセス改善の落とし穴を避けるために
ブログ画像1
継続的な改善と簡素化

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから