問題解決に自信が不可欠な理由

Burkhardt PriggeKepner-Tregoe

宇宙飛行士であれ、ビジネスリーダーであれ、スポーツ選手であれ、偉大さとは、問題をチャンスに変え、自信を持って逆境を乗り越えることで発揮されます。問題が何であるか、どれだけの知識やスキルを持っているかは問題ではありません。自信とは、自分の状況の可能性を行動によって結果に変えるための力とモチベーションを与えてくれるものなのです。

問題解決において、自信は、参加者、追随者、観察者と、一歩前に出て状況をコントロールし、他者を好ましい結果に導くことができる真のリーダーとを隔てる差別化要因となります。自信があれば、以下のことが可能になります。

  1. 問題が発生したときに特定する - 自分の能力に自信があれば、周囲を見渡して環境の微妙な変化に気づくことができ、本能を利用して感覚を高めることができます。
  2. 関連情報の評価 - 問題のある状況は複雑で、膨大な量の情報を含んでいることがあります。自分の理解に自信を持つことで、環境中のノイズと重要なシグナルを区別し、本当に重要で実行可能な情報に集中することができます。
  3. 代替案と影響の評価 - 自分のスキルに自信を持つことで、理想的な選択はあり得ない(常にトレードオフがある)が、何らかの選択をしなければならないことを理解します。
  4. 決定的な行動 - 問題のある状況で自信を持っている人には、他の人も注目します。他者をリードする能力は、自分自身をリードする自信から始まります。
  5. 状況の再確認 - 自信は、傲慢さと混同してはいけません。問題の状況は常に変化しており、持続的な成功は、行動が環境に与える影響を認識し、成功と失敗から学ぶことに根ざしています。

 

問題解決能力のレベルアップを目指すなら、自分とチームの自信を高めるためのステップを考えてみましょう。自信は生まれつき備わっているものではなく、人生を歩む中で身につけていくものであり、毎日が改善のチャンスです。幸いなことに、問題解決の自信を高めるためのいくつかのステップがあります。

  • 知識の習得とトレーニング一般的な知識と普遍的なスキル(批判的思考、意思決定、根本原因の分析など)は、問題解決の基礎を築くのに適しています。特定の問題を解決する方法を知らなくても、一般的な問題を解決するためのアプローチを持っていることは良いスタートとなります。
  • 新しい経験を得ること。 知恵は経験と経験したことから生まれます。それぞれの状況は異なるかもしれませんが、幅広い経験を持ち、異なる行動の影響を理解することは、成功の可能性を高めることにつながります。
  • プロセスとプロトコルの採用:すべてが「その場で」解決される必要はありません。プロセス、プロトコル、洗練された一連の活動は、日常的な活動や過去に遭遇した問題に対処するための効果的なツールであり、創造的な問題解決を新たな困難な問題に集中させることができます。
  • 意図的な練習とシミュレーション:優れた問題解決者は、シミュレーションを繰り返し、さまざまな状況や対応をリハーサルすることで、認知的な筋肉の記憶を身につけることの大切さを理解しています。実際に同じような状況に遭遇したとき、彼らは自分の対応を「本能的なもの」と表現することが多い。
  • 自分も他人もリスクを取る力をつける:成功への自信には、不完全さや時折の失敗を受け入れることが必要です。偉業を達成するためには、問題解決者は、不確実性の中で冷静さを保つ環境で成長し、励むことを学ばなければなりません。

あなたがプライベートや仕事で遭遇する問題と、それを解決しようとするときの自信の度合いを考えてみてください。誰もが自分の中に問題解決能力を秘めており、それを世界に解き放つことができます。あなたは自分を見つけましたか?

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから