テレビのリモコンの根本原因分析

昨晩、私は早めにベッドに入り、寝る前に深夜番組を見ることにした。これは珍しいことではない。しかし、珍しかったのは、リモコンを操作してもテレビの電源が入らなかったことだ。アインシュタインが言っていたが、私は何度もリモコンの同じボタンを押したが無駄だった。番組開始までの時間が限られていたので、私はベッドから飛び起きて、リモコンの電池と交換するための単4乾電池をいくつか持ってきた。これで一件落着である。

今朝、机の上に電池が置かれているのを見つけ、よく見てみることにした。テレビはまだ1年ほどしか経っていないし、通常、この電池は何年も持つものだと思っていたからだ。ざっと見てみると、この電池はテレビと同じブランド名で、「Zinc carbon AAA, R03 1.5V」と記されていた。最近はアルカリ電池が主流のようだが、このような古いスタイルの電池を見るのは興味深い。

根本原因分析のワークショップでは、よく質問されます。 何を見て、何を聞いて、何を嗅いで、何を感じて、偏差値があることを教えてくれるのでしょうか? 昨晩、リモコンを操作してもテレビの電源が入らなかったので、その疑問は簡単に解決しました。その結果、私は最も可能性の高い原因に飛びつき、電池を交換しました。

今朝、私は考え事をしていたので、マルチメーターを使って両方のバッテリーの電圧を測ってみたところ、両方とも1.5ボルトを超えていたので驚きました。これでは、リモコンに問題があって、リセットして電池を交換すると治ってしまったのではないかと思いました。そこで、さらに詳しく調べてみました。

数ヶ月前、私は同僚と共同配信を行いましたが、トラブルシューティングでの質問は次のように変更すべきだとかなり強く主張していました。 何を見て、何を聞いて、何を嗅いで、何を感じて、何を測って、偏差値があることを教えてくれるのでしょうか? そして、このようなことが脳裏に残っていると、今朝、それが頭に浮かびました。自分の測定値が本当に問題を示しているのかどうかまで考えてしまった。1.5ボルトのバッテリーは、空のバッテリーには見えませんよね?

というのも、私は無負荷の状態で電池を測定していたのに対し、リモコンでは給電中に電圧を供給しなければならないからです。そこで、私は定電流負荷を測定に取り入れ、少量の電流を供給しなければならないときの電池電圧を調べました。

電子工作を趣味にしている人であれば、比較的簡単にできることなので、全体像を把握するのに役立ちました。負荷をバッテリーに接続して75mAの電流を供給すると、バッテリーの電圧が急激に低下して、ほとんどの機器が動作しなくなる限界値である0.8Vを下回ったのです。最終的に、空のバッテリーにまつわる私の思い込みが証明されたわけですが、適切な結論を出すためには、慎重な測定が必要な場合があるという事実を、私は改めて意識的に理解しました。

私は、バッテリーに負荷をかけずに初期電圧を測定することに罪悪感を感じていました。なぜならば、最近ではバッテリーに不具合が生じているからです。 EEVブログ のようなデバイスを使うことで得られる付加価値について、多くの人に知ってもらいました。 バッテラー.

今回のトラブルシューティングでは、私たちがいかに簡単に原因にたどり着き、思い込みで間違った方向に進んでしまうかを知ることができました。

関連

ブログ画像1
トラブルシューティングを容易にする根本原因分析のハック
ブログ画像1
根本原因分析に関する5つの一般的な誤解

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから