KTプロセスの単独使用とチーム使用
金賞
Yanfeng Automotive Interiors

Yanfeng Automotive Interiorsでは、時間とお金の無駄を省きました。

Yanfeng Automotive Interiors (YFAIは、北米に25以上の工場を持つ、自動車用内装品のグローバル・リーダーです。KTプロセスは、YFAIの継続的改善のツール・キットの中の主要なツールの一つであり、構造化された問題解決と意思決定を行います。予防が重要である一方で、発生した問題には迅速かつ恒久的に対処し、対応策でお金を無駄にする可能性を回避します。

 

2016年、生産上の問題が発生した際、最初に想定された原因に飛びつくのではなく、「KT問題解決と意思決定」のトレーニングを受けたチームが6時間以内に問題を解決し、専門家を呼んで原因を確認し、それに応じて生産を調整しました。もし当初の想定原因で事に当たっていたならば、マネージャーは何週間もの時間を無駄にし、継続的な生産問題が発生する可能性があったと見積もっています。

銀賞
Truck Hero

迅速な分析により、Truck Heroの主要プロジェクトを前進させる。

Truck Hero は、米国の軽トラックのアフター・マーケットにおける製品革新者です。製品の革新をリードし続けるために、問題解決を改善し、分析時間を短縮するKTツールが導入されました。構造化されたKTアプローチのトレーニングを終えた直後、あるチームは、開発中のトラック・カバー製品の生地にシワが寄ってしまうという問題に取り組みました。

 

この問題は一定期間解決されておらず、新製品を予定通り発売するためには解決策が必要でした。チームは1週間以内に原因を特定し、解決策をテストして、新製品の生産を可能にしました。迅速な分析と解決により、コストのかかる潜在的な遅延を回避し、収益性の高い新製品をタイムリーに導入することができました。

銅賞
FCA-COMAU

KTツールを共有することで、FCA-COMAUはボディ・ショップのスケジュールを守ることができました。

ComauFCAグループの一員であるComauは、製品、技術、サービスを統合した先進的な産業用オートメーション・ソリューションの生産を専門としています。ボディ・フレーミングは、モジュール式で柔軟性と拡張性に優れたシステムであり、Comauが開発した最も重要なシステムの一つです。ボディ・イン・ホワイト(板金部品をシャーシに溶接する工程)では、最も重要な組立段階であるアンダー・ボディとボディ・サイドの結合において、自動車の形状を確保するために使用されます。

 

この新システムを設計した際、検証の過程でプロトタイプに問題が発生しました。ComauはFCAチームの効果的なサポートを受けながら、KTツールを使って問題の分析と解決に取り組みました。2週間以内に原因が特定され、解決策が実行されたため、検証と生産を予定通りに行うことができました。これにより、お客様に多大なご迷惑をおかけすることなく、遅延によるコストも回避することができました。Comauは、KTツールの価値を理解し、FCAの継続的改善ツール・キットの一部であるKTスキルを使用するための従業員トレーニングを開始しました。

KTプロセスの組織展開
金賞
Fokker Aerostructures

Fokker Aerostructuresにおける問題解決のステップ・アップ

Fokker Aerostructuresは、GKN AEROSPACEの一員です。同社は、統合航空機構造のスペシャリストとして、Airbus、Boeing、Gulfstream、Cessna、Dassaultをはじめとする航空宇宙・防衛分野の大手企業にサービスを提供しています。ケプナー・トリゴーは、Fokkerの驚異的なコスト削減と品質向上を評価し、同社は2016年に2つの賞を受賞しました。

 

それ以来、成功した品質プログラムの持続可能性を実証し、KTプロセスの使用を拡大し、リアクティブな取り組みから予防的な取り組みへとさらに焦点を当て、グローバル規模での統合を改善してきました。また、2022年までに欠陥ゼロを達成するために、新たなプログラムを立ち上げ、コスト削減と改善に努めています。

銀賞
ThermoFisher SCIENTIFIC

KTプログラムがFEIのサービス・エクセレンスを促進

Thermo Fisher Scientific は、材料科学、天然資源、エレクトロニクス、ライフ・サイエンス、半導体などの分野で使用される電子顕微鏡の製造・販売で世界をリードする企業です。Thermo Fisherは、2012年にパイロット・プログラムを開始し、KTプロセスを用いてヨーロッパでの顧客サービスとサポートの改善を図りました。解決までの時間やその他のコスト削減、顧客へ

 

焦点を当てたKPIは、プログラムの成功を示す初期の指標となりました。その後も、問題解決やクライアントとのやりとりのためのKTプロセスのトレーニングと統合が世界中で展開され、サービスの向上が続きました。2016年には、社内のトレーナーとコーチが世界中に配置され、同僚をサポートし、サービス・エクセレンスの重要な推進力としてプログラムを継続しています。

銅賞
Fiat Chrysler Automotive (FCA)

FCAにおける問題解決のための共有化・構造化アプローチ

Fiat Chrysler Automotive (FCA)は、米国の大手自動車メーカーです。2年前、FCAは、エンジニアが構造化されたアプローチを共有することで、エンジニアリング上の問題を解決するための初回能力(FTC)を向上させることを決議しました。リアクティブ・マスター・ブラックベルト・グループは、2人のマスター・ブラックベルト(MBB)で改革されました。FCAは、グリーンベルトのKTスキルの開発と定着に投資しました。

 

プログラムを導入し、資格取得をボーナスに結びつけました。現在では、米国、メキシコ、中国、イタリアの6つのMBBがクラスを担当し、受講者を認定しています。構造化されたKT問題解決アプローチを組織的に展開した初期の成果は、エンジニアリングの変更にかかるコストの回収、FTCとコラボレーションの改善、問題解決とエスカレーションの合理化などがあります。

銅賞
Rotary Engineering Ltd

ロータリーで安全性、品質、継続的改善を推進

Rotary Engineering Ltd. は、石油・ガス、石油化学、製薬などの業界向けに、設計・調達・建設(EPC)の一貫したサービスを提供しており、国際的にも豊富な経験を持つ、地域有数の石油・ガスインフラ・サービス企業です。

安全性、品質、継続的な改善のために、Rotaryはケプナー・トリゴーと一緒に技術開発と応用プログラムを開始しました。

 

問題解決のためのアプローチを共有し、プロセスの最適化のための基礎を築くことができました。1年足らずの間に、Rotaryはさまざまな取り組みで良い結果を出しています。輸送オペレーターのための構造化された安全化プログラムにより、材料の積み込み作業が改善され、生産性の向上と安全コンプライアンスの強化につながりました。継続的な改善のためのさらなる取り組みも進行中です。これらの取り組みは、特定のスキルに変換され、組織全体で学び、適用されることになります。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから