すべての探偵に告ぐ。根本原因分析を次のレベルに引き上げる準備はできていますか?

探偵のような人材が、ビジネス上の緊急課題を解決するために、協力して働いている姿を想像してみてください。これは、一部の組織では現実に起こっていることです。特にスタートアップ企業では、すべてがハンズオンデッキでの問題解決となります。 組織の規模に関わらず、技術的な問題の解決に成功しているのは、最も困難な課題を解決するために根本的な原因分析に焦点を当てているからです。

すべてはデータから始まります。最近では、データを得ることはそれほど難しいことではありません。数多くのビジネス・インテリジェンス・ツールから得られるデータは、売上高の減少やサービスコール数の増加など、ビジネス上の課題を特定するために必要な情報をすべて提供してくれます。しかし、組織がより深く理解していない限り、そのような情報は得られません。 なぜ そのため、データの背後にある根本的な原因を見つけ出し、解決への道筋を決めることができないのです。また、データが多すぎて、どこから手をつけていいのかわからないということもよくあります。

だからこそ、根本原因分析の訓練を受けた探偵がいることで、企業の競争力を高めることができるのです。

データディテクティブの採用

膨大な量のデータを整理するには、探偵のような仕事が必要です。高度なテクノロジーが大まかな方向性を示してくれることもありますが、どの手がかりが関連しているのか、どのような手がかりを追うべきなのか、どれがただの気晴らしなのかを理解できるように、情報を収集し、分類し、整理する方法を知っているのは、訓練を受けた経験豊富な探偵です。原因究明の訓練を受けた経験豊富な探偵は、どのようなデータがあり、何がまだ必要なのか、どのデータに誤りがあるのか、どこに行けば最も良い、最も有用な情報があるのかを理解しています。このような考え方をすることで、社員は重大な問題に迅速に対応し、社内のチームや顧客のために最善の解決策を見出すことができるのです。

問題解決能力の高い人材を育てる

では、どのようにして企業が 問題解決型の刑事の文化を作る?まずは従業員に根本原因分析のトレーニングを行うことから始めましょう。 従業員が問題解決能力を高めることで、企業は効率性や生産性の向上、顧客満足度の向上など、業務パフォーマンスを向上させることができます。従業員が問題解決のための適切なツールを身につければ、組織にとって大きな頭痛の種となる前に、課題を解決する力を身につけることができます。

時には機械が壊れたり、システムがダウンしたり、お客様からクレームが来たりすることもあります。しかし、企業が失敗を成功に変えるには、問題の根本原因を迅速かつ確実に見つけ出すツールを探偵が持っていればよいのです。探偵帽と拡大鏡を持って、一緒に問題解決のレベルを上げていきましょう。

問題解決に注力する組織文化を作ることは、私たちにとっても良いアイデアだと思います。 私たちは、あなたがどのようにして 根本原因分析トレーニング を使っています。

ケプナー・トリゴーについて

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、実証済みの構造化された問題解決のアプローチを通じて、組織に力を与えてきました。問題解決のリーダーとして、KTは何千もの組織が、より効果的な根本原因の分析と意思決定のスキルによって、何百万もの問題を解決するのを支援してきました。トレーニングとコンサルティングを組み合わせた独自の手法により、お客様は効率性、品質、顧客満足度の向上とコスト削減を実現しています。

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決のためのトレーニング、ツール、コンサルティングの業界リーダーとして、企業が既に発生した事故への対応や、回避できる状況を積極的に特定して対処することを支援してきました。

関連

ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
問題解決能力を高めることで、理想の仕事に就くための3つの方法
ブログ画像1
問題解決がサービスオーナーの必須スキルである5つの理由

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから