製造業からサービス業への転換

アジア-成熟したITSM市場
アジア地域は長い間、世界の工場となっていました。衣料品には「Made in India, Pakistan, China」のラベルが貼られ、電子機器は日本、中国、韓国から送られてきます。しかし、デジタル市場の登場により、この関係は急速に変化しています。

アジアはもはやモノだけの供給源ではなく、ますます世界の人々がアジアからサービスを受けるようになってきています。このような変化に対応するためには、サービスマネジメントの原則を急速に普及させる必要がありますが、そのためには多くの課題があります。

アジアは、Lean、KanBan、Six Sigmaなどの製造業の方法論では世界をリードしているが、ITILなどのフレームワークの導入は遅れている。® とCOBIT®.

ITSMの拡大と成熟が必要

クラウドベースのサービスを世界中の人々に高品質に提供するためには、この地域がITサービスマネジメント能力を継続的に拡大し、成熟させることが不可欠です。

私たちは、ケプナー・トリゴーの手法に基づいて多くのプロジェクトを成功に導いてきましたが、特に銀行分野では、コンプライアンスに関連する規制機関からのプレッシャーがますます大きくなっています。

この分野での競争が激化する中、銀行は、テクノロジーを駆使する顧客の高まるサービスへの期待に応えられることを証明する必要に迫られています。そのためには、サービス能力を向上させることが必要であり、そのためには試行錯誤を重ねたサービスマネジメントを導入する必要があることに気づいたのです。

相対的な未熟さ

この6、7年の間に、ITSMのスキルを身につける人が増えてきましたが、この地域ではまだ比較的未熟な部分があります。地域内外のお客様からのプレッシャーは、サービスマネジメントの成熟度が継続的に向上するための強力な推進力となるでしょう。

アジア地域におけるITSMのベストプラクティス原則の導入には、いくつかの要因があります。

1.競争 - 国内および海外

2.予算要求 - より少ない資源でより多くのことを行う必要性

3.お客様の満足度を高めるために

4.規制やコンプライアンスの要件

認証は方程式の一部分に過ぎない
この地域では、ITILやその他の認定資格に強い関心が寄せられていますが、これは需要を満たすために必要なことのほんの一部に過ぎません。ITILの理論を学ぶことは一つのことですが、学んだことを実際にビジネス環境で適用できるようになることはもっと難しいことです。

Kepner-Tregoeは、ITSMの原則を業務に適用するための非常に実践的な方法を提供し、特に顧客満足度の向上という点で真のメリットをもたらしてくれると思います。

Kepner-Tregoe社、オペレーションの効率化を図る

ソフトウェアによる自動化で多くの手動プロセスが排除されたとはいえ、サービスリカバリーの取り組みが卓越したものになるためには、合理的な考え方が必要です。 Kepner-Tregoe社の方法論は、ITサービスマネジメントへの論理的かつ体系的なアプローチを通じて、IT組織全体に共通の言語を生み出し、運用効率を最適化します。

アジアがキャッチアップしなければならない

アジアは黙っていても、サービスマネジメントの原理を徐々に取り入れていくことはできません。キャッチアップして、世界が期待する成熟度に到達する必要があります。

関連

ブログ画像1
ITSM:技術的負債がもたらす課題への取り組み
ブログ画像1
ITSMやITIL®とアジャイルやDevOpsを結びつけるものは何か?
ブログ画像1
なぜ企業は問題解決機能をITSMツールに採用しないのか?
ブログ画像1
ITSMチャレンジ:バラバラな知識のプールの危険性

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから