誰が問題解決を使うのか、なぜあなたも使うのか?

問題解決能力は、人間が生き延び、進化するための継続的な改善と学習のプロセスの重要な部分です。環境からのシグナルに反応し、それを分析し、状況に応じた適切な対応をすることで、目先の結果だけでなく、将来の出来事の可能性にも影響を与えることができるのです。あなたは、自分が置かれている環境の問題と機会をどれだけ理解し、それに対応するための適切なスキルとテクニックを持っていますか?

問題解決のテクニックは、私たちの生活を豊かにし、私たちを取り巻く世界に対応しようとするときに、あらゆる職業、産業、地域で使用されています。農家では、どのような作物を植え、どのように世話をして、市場での利益を最大化するかを見極めるために、経験に基づいた問題解決のテクニックが使われています。製造業では、サプライチェーンや生産ラインの効率を最適化し、製品の品質を確保するために、リーン生産方式やTQM方式などの形で問題解決を行っています。医師や看護師は、厳格に規定された問題解決手法を用いて、病気や怪我の診断や治療を行います。直感的な問題解決は、これまでに作られたすべての発明や、これまでに行われたすべてのビジネスベンチャーの中核をなしています。職場の外では、親が子育ての課題に対応するために日々問題解決を行っています。

問題解決の方法は、その構造や形式は様々ですが、「何もしないでいるよりも、より良い結果を得る」という点では共通しています。個人と組織の両方で問題解決のスキルを開発し、洗練させることで、環境の中でますます困難な課題に対応する能力を高めることができます。問題解決を成功させることは、ビジネスの世界で進化し、生き残るための鍵なのです。

企業はキャパシティの問題に対応するために従業員を雇用し、資源を調達します。経営者は、業務プロセスを定義して、協調性と反復性の問題に対処する。お客様は、満たされていないニーズを満たすために製品やサービスを購入します。問題解決は、私たちが行うほとんどすべてのことの核心であり、問題解決プロセスにおける個々の役割を理解することに熟達すればするほど、私たちは環境を理解し、成功させることができるようになります。スタッフに問題解決のスキルを身につけさせ、構造化された問題解決プロセスを導入することは、組織が独自の環境に存在する問題と機会をよりよく特定し、問題を診断し、選択肢を分析し、パフォーマンスを向上させるために最も適切な行動を選択するのに役立ちます。

Kepner-Tregoe社のProblem Solvingメソッドとトレーニングは、1953年以来、企業や個人のProblem Solvingスキルとプロセスの向上を支援し、成功を収めてきました。Kepner-Tregoe社は、すべての組織が異なることを理解しており、私たちの経験を通して、お客様のユニークなニーズに適した適切なProblem Solvingツール、プロセス、スキルを特定し、導入するお手伝いをいたします。

ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
3つの重要な問題解決のための質問
ブログ画像1
3 ITのための問題解決の戦略

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから