3つの重要な問題解決のための質問

あなたは問題解決能力がありますか?あなたが誰であるか、どこに住んでいるか、何を仕事にしているかにかかわらず、答えは「イエス」です。問題を解決することは、人間として生きることの一部です。私たちは常に環境を観察し、リスクや機会、対処すべきことを探しています。一度にすべてのことに取り組むことはできませんから、それぞれの優先順位に基づいて、時間、資源、思考、才能をどのように使うかを選択します。あなたが一日を過ごす際に、問題解決のための3つの重要な質問をしてみてはいかがでしょうか。

どの問題を解決すればいいのか?

この質問に対する答えは主観的で、あなた次第です。問題は、私生活、ビジネス、人間関係、私たちが関わる環境など、あらゆるところに存在しています。もし、すべての可能な問題を検討していたら、すぐに圧倒されてしまうだけでなく、一日中、問題について考え、他のことができなくなってしまうでしょう。つまり、身動きが取れなくなってしまうのです。そうではなく、人間は優先順位をつけるのです。

私たちは、周りの物や人を観察し、交流する中で、何に注意を払い、何を無視するかを(時には無意識に)選択します。注意を払うものの中で、私たちは経験に基づく個人的なフィルターを適用して、どのようなものが緊急であり、重要であり、注意を払う必要があるかを判断します。この2つ目のフィルターは、多くの場合、直感に基づいています。次に、より意識的な優先順位付けを、スキル、興味、能力、影響力の可能性に基づいて行い、どのような順序で問題に対処するかを決定します。

どの問題を解決するかは、正解のない問題です。自分の周りの環境を見渡して、何に注意を払う必要があるのか、自分が最も影響を与えられる場所はどこなのかを考えてみてください。思うような結果が得られなくても、心配はいりません。あなたが取り組むべき問題や機会は、まだまだたくさん残っています。

問題意識を高めることで、自分が悪者になるのでは?

人間は社会的な動物であり、他人に受け入れられたい、肯定されたいという欲求を持っています。職場での問題解決となると、問題意識を高めることで、同僚や経営陣、顧客の目に悪く映る可能性があるという恐れや認識を持つことがよくあります。このような状況で私たちが認識していないのは、人々が私たちを評価するのは問題ではなく、私たちがその問題にどのように対応するかであるということです。問題を隠すことは、自己認識や自信の欠如の表れでもあります。また、人を欺き、倫理に反し、会社の利益に反するものと受け取られることもあります。これらの認識はいずれもポジティブなものではありません。

建設的で他者を尊重した思慮深い方法で問題意識を高めることは、あなたが自分の環境を認識し、状況の影響を理解し、会社の成功を気にかけていることを示します。問題意識を高める方法は、会社の文化や世界のどこで活動しているかによって異なります。社会的規範やプロトコルによって、問題意識を高めるための適切な方法、対象者、タイミングが異なる場合がありますが、これらを念頭に置いて問題意識を高めることで、他者のあなたに対する認識を向上させることができます。

問題点のリストがどんどん増えていくのですが、これは悪いことなのでしょうか?

それは、問題のリストが増えている理由によります。問題リストが増加している理由が、解決するよりも早く新しい問題が発生しているためであれば、何か注意を要する大きな問題が発生している可能性があります。問題リストが増えているのは、あなたが観察力を高め、環境の中でより多くの問題や機会を見つけているからだとしたら、これは、あなたのプロセスの中に多くの「ノイズ」があることを示すという意味で、悪いことかもしれません。

意識的に問題を解決しないようにしているために、問題リストがどんどん長くなっているのであれば、それは良いことだと思います。すべての問題を解決すべきではありません。何もしなくても自然に解決する問題もあれば、環境の変化を監視するだけでよい問題もあります。他の問題は、解決することで得られる利益よりも、解決するために多くの時間、労力、資源を必要とするので、放っておく方が良いでしょう。また、緊急性や重要性の高い問題に取り組んでいたり、その問題を解決することでより大きな効果が得られるために、一部の問題に取り組まないことも良いことです。これは、限られたリソースを効果的に優先順位付けし、最大の価値を生み出す活動に集中させていることを示しています。

問題リストの長さや、それが増えているか減っているかは、あなたの問題解決能力の高さを示すあまり良い指標ではありません。自分が見ているものが良いものなのか悪いものなのかを理解するためには、もう一歩踏み込んで、なぜその成長が起こっているのかを理解する必要があります。そうすれば、もし気に入らないことがあっても、変えられることがあるはずです。

Kepner-Tregoe社は、50年以上にわたり、個人や組織が競争上の優位性を得るために問題を管理・解決することを支援してきました。

ブログ画像1
効果的な問題解決者になるために
ブログ画像1
新しい研究結果です。優れたサービス企業は、より優れた問題解決者である
ブログ画像1
クリティカル・シンキングに必要なのは、どのような質問をするかということです。
ブログ画像1
KT Clear Thinking Pt II: ボトムラインの結果を導く4つのシンプルな質問

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから