仕事の未来

Dr. Keith Suter は、オーストラリアで最も影響力のある未来学者の一人であり、ローカルおよびグローバルな問題に関するメディアのコメンテーターでもあります。彼は3つの博士号を取得し、多くの戦略的リーダーシップを発揮しています。彼は先日、ケプナー・トリゴー・オーストラリアの年末のネットワーキング・イベントでプレゼンテーションを行い、「仕事の未来」というテーマで話しました。このブログは、彼のプレゼンテーションをまとめたものです。

新しい革命が進行中ですが、それについて公に議論されることはほとんどありません。これは「第4の革命」と呼ばれるもので、情報が権力の通貨となるものです。この革命は、歴史的な文脈でとらえる必要があります。人間の居住地は遊牧民や狩猟採集民の社会として始まり、少人数の人々が土地に軽々と住み着くようになりました。第二の革命は、約1万2千年前に現在の中東で始まりました。農業革命です。「水はどこにあるのか」と問うことをやめ、「どうしたら水が来るようになるのか?」と問うようになりました。農民たちは、自分の土地を灌漑し、農業を営む方法を学びました。第三の革命は西暦1750年頃に始まりました。イギリスの産業革命です。これによって、私たちは工場や製造業を手に入れました。一部の農民は工場労働者になりました。第四の革命は、情報通信技術に基づくものです。重要なのは「記号分析家」であり、言葉、数字、音符などの記号を扱う人々です。シンボリック・アナリストとは、日中、多くの時間を電話で過ごし、自分の生業について子供に説明できない人です。新しい産業界の巨人が形成されつつあります。従来、大企業といえば、自動車会社とエネルギー会社でした。今、最大の企業は、Amazon, Apple, Facebook, GoogleといったIT企業です。

人によっては、新しい仕事のチャンスがたくさんあります。

シェアリング・エコノミー Uberのように、自分の車で人を運んだり、部屋を持っている人がAirbnbで短期的に貸し出したりすることで、余分なリソースを動員します。

サービス・エコノミー Phoenix大学やKhan Academyのように、多くのサービスがオンラインで提供され、人々は(教育施設に行くのではなく)自分の都合の良い時に勉強できるようになりました。

ミクロの多国籍経済 例えば、地元の小さな商人がグローバルな展開を可能にするものです。従来のパレート最適の原則では、商人はビジネスの80%を生み出す20%の顧客を探すことになっていました。しかし今では、インターネットの世界的な普及により、業者は30億人もの世界中の潜在的な顧客とコミュニケーションをとることができます(例えば、ニッチブランドの自家製蜂蜜の販売など)。利益を得るためには、その市場のほんの一部を切り取るだけでよいのです。

3Dエコノミー/メーカーエコノミー お店に行かなくても、家で "プリント "することができるようになります。ご年配の方は、コダックのカメラ・フィルムを現像に出した記憶があると思いますが、今はスマートフォンで写真を撮ることが多くなりましたが、Kodakは経営難に陥っています。

プラットフォーム・エコノミー FacebookやGoogleのように、人と人を結びつけることはあっても、自らコンテンツを生み出すことはありません。TaskRabbitは、仕事をしてほしい顧客と、それをしてくれそうな業者を結びつけています。

第4の革命はまだ始まったばかりで、いつどこで終わるのか見当もつきません。
ここでは、新しい経済モデルの可能性について、いくつかの推測を紹介します。

まずこれは単なる底辺への競争かもしれません。一部のIT労働者や大手IT企業の投資家は新しい時代にうまく乗れるかもしれないが、ほとんどの人はそうではないでしょう。ほとんどの労働者は出来高払いで生活し、小さな仕事から次の仕事に飛び回ることになるでしょう。確実性に欠け、資産を蓄積する機会も少なく、緊張感が高まり、社会不安のリスクも高まるでしょう。もしかしたら、次の世代は予測されているほど長生きできないかもしれません(興味深いことに、米国ではほぼすべての人口層が長生きしています。ただし、失業中の中年で大学教育を受けていない白人男女は、自殺やドラッグ、鎮痛剤中毒で早死にすることが多くなっています)。人はストレスやうつ病の犠牲となるのでしょうか? 精神衛生上の危機が悪化するのでしょうか?

もっと楽観的なモデルは「ギグ・エコノミー(gig:単発仕事、短いセッション)」かもしれません。「仕事」は産業革命時の1750年に発明されました。1750年以前は、季節ごとの農作業に必要なときに必要なだけ給料が支払われていました。対照的に、工場は厳格な規則正しいラインで働くことを要求します。ベルトコンベアが人の生活のペースを決定していたのです。賃金は時給制でした。しかし、今では月曜日から金曜日の9時から5時までの仕事はなくなりました。しかし、「ギグ」による「仕事」はまだたくさんあります。これは、オンデマンドで仕事をする自己組織化された自営業で、すべての労働者が自分のビジネスを運営する「マネージャー」となります。そのためには、常に「顧客」を探し続ける起業家精神が必要です。「ギグ」経済では、(何年もかかる通常の学位ではなく)「ギグ」な学習が必要になるかもしれません。そのため、従来の教育にも変化が必要になります。学校は工場で働く労働者を育てるために作られましたが、工場はなくなりつつあり、教育も改革される必要があります。

最後に、消費者の有効需要をいかにして生み出すか。モノやサービスを買うためにはお金が必要ですから、どうやってお金を流通させるか。おそらく、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)を導入することになるでしょう。UBI制度とは、18歳以上のすべての成人が、政府から一律の金額を受け取ることを意味します。この金額は、生きていくために必要な最低限のもので、多くの人は、より多くのお金を得るために働き続けるでしょう(そうすれば、UBIを税金で政府に「還付」することになります)。オートメーション化によって雇用が失われつつある中で、UBI制度は、消費者の有効な需要を喚起するために、ある程度のお金を流通させることができます。2016年6月に行われたスイスのUBI国民投票(不成立)のスローガン:"What would you do if your income were taken care of?"。つまり、新興のニューエコノミーでは、人々に経済的な基盤を与えて、その後、発明や起業に心を向けることができるようにすることが重要だと考えています。フィンランド、カナダの一部、オランダでは、UBIの実験が続けられています。

最後に、Ben Tregoeはかつて、人々が自分の意思決定プロセスを意識的に認識するように助言していました。今、私たちがすべきことは、すべての人に第4の革命を意識してもらい、新しい時代にどうやってお金を稼ぐかを考えてもらうことです。

Keith Suter

Keith.suter@bigpond.com

どのような課題が来るのか、それがどのような影響を及ぼすのかを理解することは、インダストリー4.0に向けてより良い準備をすることにつながります。ケプナー・トリゴーでは、私たち人間が持つ最も強力なツールは、合理的に考える能力だと考えています。そして、優れた合理的思考者になるためには、問題を解決し、意思決定を行い、創造的に考える方法について脳を鍛える必要があります。

ウェビナーを見る: 組織の将来性 働き方の未来についてもっと知りたい方はこちら

ブログ画像1
働き方の未来を受け入れる適応性と敏捷性の重要性
ブログ画像1
Planning When The Future is Murky.不確実性を管理する3つのアクション
ブログ画像1
スキルと仕事の未来
ブログ画像1
未来の仕事のためのスキル - Part I

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから