問題解決能力の低さがビジネスに悪影響を及ぼす理由

ビジネスリーダーとして、従業員が「消火活動」に時間を費やし、自分の時間がエスカレーションの管理に割かれていると感じていませんか? もしそうなら、問題解決能力の低さがビジネスに悪影響を及ぼしているかもしれません。 あなたは優秀な社員を雇い、高い給料を払っています。 しかし、彼らの可能性を最大限に引き出し、それをビジネスの価値につなげることができているでしょうか。 従業員が消火活動をしているとしたら、あなたはそうではないでしょう。

問題解決能力が低い状態が続くと、企業に壊滅的な影響を与える可能性があります。 問題解決能力の低さは、材料の無駄、一貫性のない生産パフォーマンス、製造サイクルタイムの拡大など、業務上の非効率性として組織に現れることがあります。 これらの症状は、比較的簡単に特定でき、企業の収益性に与える潜在的な影響を測定することができます。 また、問題解決能力の低下は、製品の品質問題、欠陥、再作業、設計仕様への不適合などに現れます。 問題が製品に現れると、それはあなたの会社の問題だけではなく、あなたの顧客の問題にもなります。 問題解決能力の低さは、市場機会の逸失、市場投入までの時間の遅延、顧客の不満足、法規制遵守の問題、従業員の士気の低下など、目に見えない形で現れることもあります。 これらは機会損失です。

インシデントを管理すること(消火)と、問題を解決すること(予防)には違いがあります。 従業員が単に対応することに時間とエネルギーを費やしていたら、ビジネスを改善するための根本的な問題を分析し、解決することに時間を費やすことができません。 すべての問題が悪いわけではありません。オペレーションや市場における問題を創造的に解決することが、人類の歴史におけるあらゆる革新や大きな発展につながってきたのです。 課題は、新製品の開発、新市場への拡大、業務効率の改善、製品品質の向上など、ビジネスを成功に導くための適切な問題解決にチームを集中させることです。 構造化された問題解決の方法論と、問題解決のスキルに精通した社員がいれば、反応のサイクルを断ち切り、価値創造に集中することができます。

ビジネスリーダーとして、問題解決のスキルはあなたにとっても重要です。組織内で頻繁に起こるエスカレーションやインシデントへの対応は、あなたがビジネス環境を調査し、将来の成功への道筋を見出すことに時間と注意を集中させるのを妨げる気晴らしです。 昨日発生した問題に集中する時間が多ければ多いほど、明日組織をあるべき姿に導くための時間が少なくなってしまいます。

Kepner-Tregoe社は50年以上にわたり、お客様のような組織やビジネスリーダーが、構造化された問題解決プロセスやスキルを導入して、対応のサイクルを断ち切り、ビジネスを活性化させて、次の大きな課題や機会に集中できるように支援してきました。 Kepner-Tregoeは、お客様に信頼される問題解決アドバイザーとして、コンサルティングとトレーニングに対するKTのユニークなアプローチと、実証済みの問題解決プロセスを組み合わせて、様々な業界の企業の目標達成を支援しています。

ブログ画像1
現代のビジネスにおける品質:知覚vs.パフォーマンス
ブログ画像1
統合されたアプローチとして品質を推進するには?
ブログ画像1
シミュレーションとマッスルメモリー - ビジネスで最も活用されていないツールの一つです。
ブログ画像1
クリティカル・シンキングが組織の質の高いアウトプットをもたらす方法

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから