シミュレーションとマッスルメモリー - ビジネスで最も活用されていないツールの一つです。

習うより慣れろ」という言葉がありますが、反復的な作業が自動化されたり、アウトソーシングされたりする情報化時代にあって、企業は「習うより慣れろ」を忘れているようです。 問題が発生したとき、リーダーはスタッフが何をすべきかを理解できないことを理解できないのです。 この問題を解決するために必要なツールが目の前にあります。シミュレーションとマッスルメモリーです。

現代のビジネスにおいて、コンピテンシーが最も必要とされるのは、問題解決と批判的思考の分野である。 ほとんどの社員は、キャリアの中で何らかのトレーニングを受けたり、基本的なスキルを身につけたりしていますが、最近それらのスキルをリフレッシュしたり、定期的に練習したりしている人はほとんどいません。 問題解決や批判的思考のスキルを定期的に練習することは、潜在的な問題に対する従業員の警戒心を高め、迅速な対応と自信に満ちた意思決定につながるからだ。

なぜ今、多くの企業がシミュレーションを使わないのでしょうか?

多くのリーダーは、このツールが何なのか、どうやって効果的に使うのかを理解していません。シミュレーションの目的は、台本通りの回答(「もし...ならば、こうしなさい」)を提供することではありません。 その代わりに、シミュレーションでは、従業員が職場で遭遇するような複雑なシナリオを設定し、問題を分割し、他者と協力し、(明確な正解のない)代替案を評価し、意思決定を行い、その結果を観察することを練習する機会を提供する必要があります。

目標は、完璧な結果ではなく、社員が曖昧さを経験し、失敗し、そこから学ぶことです。 私たちが鍛えようとしている筋肉は、演繹的推論、ストレス管理、対人コミュニケーションスキル、プレッシャー下での意思決定などです。 これらのスキルに慣れ親しむことができれば、実際のシナリオに遭遇したときに、より自信を持って準備をすることができます。

会社のどこに最大のチャンスがあるのか?

シミュレーションに適した状況や問題とは、(シナリオのフレームに使用できる)基本的なプロセス構造を持つ機能、問題解決に曖昧さが伴う場所、複数の人が協力して確実な解決策を導き出す必要がある場所などです。 これらの要素が存在する一般的な機能は以下の通りです。製造オペレーション、事業継続計画、ITサービスマネジメント、リスクマネジメント(財務)、人事などです。

シミュレーション演習を成功させるためのヒント

  1. 現実味を持たせる - 遭遇する可能性の高いシナリオや状況を選択する。 シミュレーションの途中で起こるひねりや二次的な出来事を加えることも検討してください。
  2. 熱を上げる - 緊急性を感じさせ、シミュレーションと社員のパフォーマンスを経営陣に見せる。
  3. 行動する前に考えることを強調する - すぐに行動したいと思うのは自然な傾向です。これを利用してリスクを強調する。
  4. 試合後の反省会も忘れてはいけません。従業員に自己批判を促してください。

シミュレーションとマッスルメモリーは、ビジネスにおいて最も活用されていないツールの1つです。しかし、効果的に使用すれば、従業員の自信を高め、未知の出来事に対処するための組織の準備を整えることにつながります。

関連

ブログ画像1
シミュレーションベースのトレーニング - 実際にやってみることの大切さ
ブログ画像1
オペレーションにおけるシミュレーション - 本番さながらのリスクなしに貴重な経験が得られる

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから