なぜ問題の根本原因を解決しない方が良いのか

オペレーショナル・エクセレンスの手法、ITサービスマネジメントのベストプラクティス、そしてビジネスの知恵は、組織内の問題を解決せずに放置しておくと、リソースの非効率的な使用、プロセスの不整合、そして場合によってはビジネスに影響を与える重大なインシデントにつながるという点で一致しています。 多くのビジネスリーダーやマネージャーは、これを「すべての問題は悪いものであり、根本原因を特定して解決することが重要である」と解釈しています。 このような考え方にはメリットがありますが、状況は白か黒かというような単純なものではありません。

問題はチャンスと同じで、組織の数よりも常に多くの問題がある。 ができます。 実現可能な問題です。問題もチャンスと同じで、すべての問題を解決できるわけではありません。 が必要です。 を解決する必要があります。時には、コスト、リスク、利益、その他の機会などの理由から、ある問題の根本原因を解決せずに他のことに集中することが必要(または望ましい)な場合もあります。 ここでは、問題の根本原因に取り組まない方が良いと思われる4つの理由を紹介します。

1. 基本的なROIが存在しないのです。  問題を抱えたままでいるよりも、根本的な原因を解決した方がコストがかからない場合があります。 これは、そもそも問題の影響がそれほど大きくないことや、修正にかなりの費用がかかることが理由として挙げられます。 また、根本的な状況が将来的に変化することが予想されるため、修正を行うことで得られる利益の寿命が短いことも考えられます。

2. 再現性がないかもしれません。  すべての問題には、その問題が再び発生する可能性と、発生した場合の影響を含むリスクプロファイルがあります。 そもそもインシデントが発生したという事実、あるいは誰かに注目されるような状況を生み出す一連の要因が環境に存在したという事実は、問題が実際に存在することを強く示しています。 しかし、一度起こったことが再び起こるとは限りません。 リスクマネジメントの手法を適用することで、一度きりの出来事と、本当に対処しなければならない繰り返し起こる問題とを区別することができます。

3. 意図しない結果を引き起こす可能性があります。. 問題は単独で存在するのではなく、広範な環境の一部であり、多くの場合、因果関係が複雑に絡み合っています。 特定された根本原因に対する信頼度や、環境全体に対する組織の理解度によっては、修正プログラムを実施することで、元々解決しようとしていた問題よりも大きな問題を引き起こす可能性があります。

4. 機会費用が利益より大きい.組織には限られた時間と資源があり、それらをどのように使うのが最善かという選択が常にあります。 特定の根本原因に対処するかどうかの判断は、単独で行うことはできません。投資として扱い、より大きな投資オプションのポートフォリオの中で検討する必要があります。 低くぶら下がっている果実を収穫した後は、根本原因を解決せずに、他の機会に集中した方が良い場合もあります。

問題を解決せずに放置しておくと、将来的に影響が出る可能性があるというベストプラクティスやビジネスの常識は正しいが、問題を解決することも可能である。 重要なのは、個々の問題から一歩引いて、状況の全体像を見て、その特定の問題を解決すべきかどうかを客観的な判断で判断することです。そうすることで、多くの根本原因は解決しないままにしておいた方が良いことがわかり、その代わりに、より大きな価値が期待できる機会に組織のリソースを集中させることができます。

Kepner-Tregoe社は60年以上にわたり、トレーニング、プロセスのベスト・プラクティス、コンサルティングを組み合わせて、企業の問題管理プロセスの改善を支援してきました。 Kepner-Tregoe社の専門家は、それぞれの問題が企業の全体像の一部であることを理解し、問題管理への投資から最大限の価値を得るためのスキル、判断基準、問題解決プロセスの導入を支援します。

関連記事

ブログ画像1
根本原因分析に関する5つの一般的な誤解
ブログ画像1
トラブルシューティングを容易にする根本原因分析のハック
ブログ画像1
テレビのリモコンの根本原因分析
ブログ画像1
根本原因分析。闇雲にやるのと、的を射るのとでは、雲泥の差がある

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから