製品回収の管理には一貫したRCA手法が不可欠な理由

製品回収などの危機的状況に陥った場合、企業にとって大きな賭けになります。貴社が生き残り、繁栄するか、それともビジネス戦争の犠牲となるかは、多くの場合、根本原因分析プロセスをいかにうまく管理するかで決まります。リコールのトラブルシューティングは非常に複雑ですが、「実際の根本原因」を特定することは、根本的な問題を解決し、規制当局を再確認し、製品を市場に戻すために必要な効果的な是正措置と予防措置(CAPA)を策定するための重要なステップとなります。RCAの成功は、特定された問題の品質や所要時間だけでなく、RCAプロセスにおいていかに効率的にリソースを活用したかという点でも評価されます。

熱意は強力な資源ですが、放っておくとすぐに混沌としてしまいます。製品回収に直面したとき、組織内の誰もが問題解決に貢献し、「手助け」しようとする傾向があります。個人とチームの活動は互いに重なり合い、冗長な努力と相反する結論に達する可能性があります。文化や組織構造によって存在する「仮想の壁」は、専門家同士のコラボレーションや、機能を超えた自由な情報共有を阻害することがあります。そうなると、全体の状況はさらに複雑になり、根本原因の分析プロセスも遅くなります。製品がリコールされ、顧客が動揺し、規制当局がすべての行動を監視しているとき、このどちらも許されることではありません。

根本原因分析の中核となるツールや手法を組織全体に一貫して適用することで、混乱を回避できるだけでなく、より円滑な情報共有によってチームワークを向上させることができます。また、共通の目標を支えるために、各自が自分の役割を理解することができます。このことは、根本原因分析の手法を1つしか持たないということではなく、1つのサイズがすべてにフィットしないことは誰もが知っており、ツールボックスにさまざまなツールを入れておくことが有効であることを意味します。

成功の鍵は、組織のツールボックスに適切なRCAツールのコアセットを選び、従業員がその効果的で一貫した使い方を知っていることを確認することです。5つのなぜ」、石川(魚の骨)分析、ケプナー・トリゴー(KT)問題分析などの手法は、初期の手法として良いものです。製品回収などの重大な事態が発生し、複雑な層が展開し始めたら、従業員がこれらの手法を事前にトレーニングしておくことが重要です。チームは自信を持って大局的な管理を行い、調査チームの専門家を派遣して、より高度な手法を最も影響力のある場所に適用させることができるようになります。

各個人(または機能)が独自の視点と活動で問題に取り組むことで、その発見と観察が組織の全体的な状況把握に統合されます。状況をより完全に理解することで、CAPAをより確実かつ効果的に特定し、実施することができます。RCAのツールや手法が一貫していれば、組織はより早く、より効率的にリソースを利用してこの結果を達成することができます。

製品回収は企業にとって重要な時期であり、顧客の認識や企業の収益性に長期的な影響を与える可能性があります。良い知らせは、あなたの会社が今取ることのできる手順があり、(リコールの最中であろうと、より良い準備をしたいだけであろうと)あなたのチームが成功する可能性がずっと高くなることです。RCAツールの一貫したセットを採用し、組織内でトレーニングすることは、そのステップの1つです。RCAツールや、リコールの是正を通じて時間と費用を節約するその他の手法の詳細については、""記事をお読みください。リコール対策で時間とコストを削減「をご覧ください。 https://www.kepner-tregoe.com/.

ブログ画像1
根本原因分析。闇雲にやるのと、的を射るのとでは、雲泥の差がある
ブログ画像1
クラウドで根本原因分析を行うための5つのヒント
ブログ画像1
根本原因にたどり着くためには、いくつの「なぜ」が必要なのか?
ブログ画像1
幸せは選択するもの - 根本原因の分析に集中すれば、問題は解決する

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから