デジタルトランスフォーメーション時代のトレーニング

デジタルトランスフォーメーションの時代を迎え、企業はテクノロジーだけでなく、人材への投資を見直す必要に迫られています。 新たなデジタル競争相手からの圧力を受けて、企業は新しいテクノロジーを使ってビジネスモデルを再構築し、よりスマートで効率的な働き方を実現しようとしています。市場での地位を維持しようとする企業にとって、「デジタル化」はもはやオプションではなく、多くの業界で生き残りをかけた課題となっています。

デジタルトランスフォーメーション。それはビジネスチャンスなのか、それともチャレンジなのか?

レガシー・システムからコンテンポラリー・システムへの移行、つまりアナログ・システムからデジタル・システムへの移行は、あらゆる企業にとってチャンスであると同時に課題でもあります。デジタルトランスフォーメーションを進める企業の数が増えれば増えるほど、柔軟性と適応性に優れ、変化を素早く繰り返す「フェイルフォワード」を厭わない人材が求められるようになります。

根本原因の分析、複数の意思決定の同時進行、リスクの管理など、目の前の問題に対する継続的なトリアージにせよ、企業はこのデジタル時代に向けて、スタート・ストップのステージゲートを提供するのではなく、「流れを維持する」ための新しい、よりアジャイルな問題解決戦略を開発する必要があります。

今日の企業は、デジタルトランスフォーメーションのために従業員を準備することに重点を置けば置くほど、テクノロジーがビジネス課題の解決に役立つ可能性が高くなります。

事例:顧客サービス

企業がテクノロジーを駆使した合理的なエンドツーエンドのサポートを提供することで、お客様の期待に応えることができます。サポートチームは、ウォーターフォールモデルではなく、問題のライフサイクル全体で作業を行う必要があります。ウォーターフォールモデルでは、多くの階層的なエスカレーションが発生する傾向があり、データの引き継ぎがうまくいかず、重要な情報が「空白の部分」で失われる可能性があります。ITシステムを統合するのと同様に、プロセスをチームと統合し、エンドツーエンドの責任と、この責任に効果的に対処するスキルを持たせる必要があります。

企業が真の意味でデジタルトランスフォーメーションを導入するためには、新しい働き方に継続的に適応していく中で、組織全体に強力なクリティカルシンキングのスキルが必要となります。

KT Clear Thinkingメソッドにより、社員はデジタルトランスフォーメーション時代の「ハウツー」を学びます。問題を特定することは、ソリューションの一部に過ぎません。 従業員がどのような質問をすべきかを学び、最善の道筋を決定し、困難な問題に取り組む自信をつけることで、組織は自信を持って変化するデジタルの世界を受け入れることができます。

 

ケプナー・トリゴーについて

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決のためのコンサルティングとトレーニングのグローバルリーダーとして、様々な業界の企業と協力して、エキサイティングな(時には恐ろしい)問題を解決し、社員が自信を持って結果を出せるようなスキルを提供してきました。 シミュレーションなどのツールを統合したKTの経験ベースの学習方法と、現役チームのコーチングは、貴社のような企業に数え切れないほどの成功事例をもたらしてきました。

関連

ブログ画像1
働き方の未来を受け入れる適応性と敏捷性の重要性
ブログ画像1
アジャイルと問題解決の相性が抜群な理由
ブログ画像1
働き方の未来 - データに基づく意思決定
ブログ画像1
未来の仕事のためのスキル - Part I

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから