プレッシャーの中で冷静さを保つ - 3つのポイント

大規模な事故は、顧客や株主との関係を管理する企業幹部であれ、詳細を整理して通常業務に戻す方法を考えようとする技術者であれ、ストレスになることがあります。 このような状況に陥ったとき、プレッシャーの中で冷静さを保つために役立つ、専門家による3つのヒントをご紹介します。

成功を可視化する

逆境を乗り越え、困難な状況下でもモチベーションとエネルギーを維持するためのポジティブシンキングの力については、長年にわたって数え切れないほどの研究がなされてきました。 しかし、危機的な状況下で行動心理学を学んだり、やる気を起こさせるようなスピーカーの話をしたりすることは、あまりお勧めできません。大きなプレッシャーにさらされているときは、集中することが大切です。 成功をイメージすることで、達成しようとしている目的地を自分自身に宣言するのです(ユーザーが「オールクリア」の合図を出したり、お客様が「この状況をコントロールできているようですね」と握手したりすることでもよいのです)。

成功の基準点を持つことで、不要な雑念を排除し、情報をフィルタリングして文脈を整理し、正しい方向に進んでいるときと軌道を外れているときを見極めることができます。 成功がどのようなものであるかがわからなければ、いつ成功したかを知ることはできないでしょう。 十分な進歩があるかどうか、わかるでしょうか。状況が突然悪化したときに、それを見極めることができるでしょうか? 自分の意思を(自分自身に)宣言することで、あなたは個人的にも、他の人のリーダーシップにおいても成功する可能性が高くなります。

分解する

どんなに複雑な問題でも、シンプルで管理しやすいピースに分解することができるのです。千里の道も一歩から」という言葉を聞いたことがあると思いますが、この言葉の知恵は、ただ動き出せばいいというものではなく、どんな目標であれ、一歩ずつしか追求できないということなのです。 大事件が起きたとき、成功するために必要な道筋ははっきりと見えないし、思いがけない紆余曲折があるかもしれない。 しかし、それをシンプルなステップに分解すれば、一つずつ達成することができ、目標に向かって前進し始めるのです。

また現実的な話として、重大インシデントは、一連の出来事、状況、環境、行動などが、原因と結果の関係でつなぎ合わされてできているのです。 インシデントを分解していくと、インシデントがどのように、なぜ発生したのかを理解し、問題を修正し、再発を防止するために何をすべきかを明らかにするのに役立つ洞察が発掘されます。 理解へのステップと行動へのステップが、あなたの成功への道筋を形成するのです。

計画を立てる

大きな事件やビジネスにおける危機的状況が、たった一人にしか影響を与えないということは非常に稀です。そのためには、問題解決のためのステップからなる行動計画(たとえ頭の中だけであっても)を持ち、どのようにすれば成功するのかを示すことが重要です。 あなたが担当するのが他者に信頼を与えることであれ、業務の断片を元に戻すことであれ、計画はあなたが今どこにいて、次に何が起こるかを示す参考となります。計画がないと、目標に近づいているのか、遠ざかっているのかがわからなくなり、思考や行動に迷いが生じることがあります。 そうすると、フラストレーションがたまり、生産性が低下し、さらに状況を悪化させるような行動をとってしまう可能性があります。

大きな事件に参加するのは大変なことです。 あなたの知識、経験、スキルが試されるのです。 大切なのは、プレッシャーの中で冷静さを保つことです。成功をイメージし、管理しやすい大きさに分割して、一歩ずつ進む計画を立ててください。

ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方
ブログ画像1
問題解決能力を高めることで、理想の仕事に就くための3つの方法
ブログ画像1
IT業界のための問題解決トレーニングに投資すべき5つの兆候

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから