パフォーマンス・マネジメント継続的な改善活動を成功させるには

by Kevin Duffy and Jens Refflinghaus, Kepner-Tregoe

変化への抵抗は、継続的改善プログラムの中の変化の取り組みにおいて、よく知られた問題です。従業員は、さまざまな理由で混乱したり、フラストレーションを感じたり、変化に抵抗したりする。いったん抵抗が生じると、変化の取り組みを軌道に乗せるためには、多くの余分な努力(再作業)が必要になります。

プロセスの中で働く人々が完全にコミットし、従事していなければ、プロセスはその可能性を十分に発揮できません。したがって、パフォーマンス管理は、すべての変革プログラムにおいて中心的な役割を果たします。パフォーマンス管理が忘れられたり、軽視されたりすると、人々は行動を変えることができません。

KTパフォーマンス・システムは、人々のパフォーマンスを説明し、予測するためのシンプルで強力なツールです。変化に応じたパフォーマンスの管理は、改善活動の成否を左右します。どのような状況においても、個人のパフォーマンス(反応)に影響を与える4つの要素があります。

1.シチュエーション:パフォーマーが働く身近な環境。
パフォーマンスへの期待は、明確で、測定可能で、達成可能なものでなければならない。十分なリソースが変革にコミットされていなければならない。ビジョンを詳細かつ現実的なリソース要件に移すには時間がかかります。この作業が前もって行われていないと、継続的な改善プログラムは、後になって無駄が出てくるために損失を被ります。

2.パフォーマー:パフォーマンスを期待されている人やグループ
継続的改善マネージャーは、期待されるパフォーマンスを満たすために必要な知識、スキル、能力をすべて持っているか?継続的改善プログラムの影響を受ける人々は、なぜ自分が変わらなければならないのかを知っていますか?必要な能力と理解がなければ、継続的改善イニシアチブは失速する可能性がある。人々は変化に従うことも、コミットすることもないでしょう。

3.結果:同じ状況下で再び起こる可能性を高めたり減らしたりする、反応後の出来事
行動の変化は通常、社員にとって不快な副作用を伴います。従業員は仕事の要件に適応し、時間をかけてプロセスを処理する最善の方法を見つけました。今、彼らは変化する必要があり、それは彼らにとってマイナスの結果となります。行動変更を成功させるには、変更することで得られるポジティブな結果に焦点を当てましょう。

4.フィードバック:パフォーマーが自分の行動を修正するために受け取るパフォーマンスベースの情報
フィードバックが行われないと、従業員は自分のパフォーマンスが良いのか悪いのか、また自分の行動をどのように修正すべきなのかがわかりません。フィードバックを行うには、計画的に練習する必要があります。標準化されたフィードバックループを開発するために、時間を投資するのは良いことです。フィードバックは、行動を再調整し、目標から外れるのを防ぐことができる。

継続的な改善プログラムが成果を上げてきたこと、そしてこれからも成果を上げていくことは間違いありません。私たちの目的は、このような努力を妨げることではなく、パフォーマンスシステムの力を利用して、より優れた、より持続可能な結果を出すことを奨励することです。

ブログ画像1
トレーニングが答えであるならば、質問は何か?Part V: 新しいスキルをパフォーマンスに組み込む
ブログ画像1
現代のビジネスにおける品質:知覚vs.パフォーマンス

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから