ビジネス、IT、製造業のリーダーは、問題解決をどのように間違えているか

問題は悪いことですよね?問題は解決し、回避し、軽減し、管理しなければなりません - そうでなければなりませんか?ビジネス、IT、製造業のリーダーたちが、問題解決について間違っているとしたらどうでしょう?もしかしたら、あなたの組織内の問題解決をよく見て、そこから何を学ぶべきかを考える時が来たのかもしれません。

まず手始めに、組織が問題をどのように捉えているかを見てみましょう。すべての問題はネガティブなものであるという一般的な見方をしていませんか?人類の歴史上、画期的な出来事のほとんどは、頭のいい人がチャンスだと認識した問題から始まりました。

問題は、あなたの組織が活動する環境、パフォーマンスに影響を与える様々な要因、様々な決定の効果を理解するのに役立ちます。問題は、組織の限界、可能性、能力について何を教えてくれるでしょうか?重要な機会を見落としているかもしれません。

すべてが問題というわけではありません。ビジネス、IT、製造業のリーダーは、多くの状況を問題というカテゴリーにまとめてしまうことがあります。明確にして別扱いすべき3つのキーコンセプトがあります。

「イベント」は、通常のビジネスの過程で起こります。イベントは、プラスまたはマイナスの影響を与えることもあれば、全く影響を与えないこともあります。イベントは、活動が行われていることを示す指標であり、そのほとんどが行動を必要としないものです。

「インシデント」とは、予期せぬ事態が発生し、時には通常/許容範囲を超えてしまうような状況を指します。イベントと同様に、インシデントは組織にプラスの影響を与えることもあれば、マイナスの影響を与えることもあり、あるいは全く影響を与えないこともありますが、(イベントとは異なり)ビジネスを正常に戻すためには、ある程度の調査とフォローアップが必要となります。

"問題 "とは、インシデントの根本的な原因に関連するもので、組織に即時的な影響だけでなく、継続的または反復的な影響を与える可能性があります。問題(特に深刻なもの)は、その原因や影響だけでなく、再発の可能性やアクションプランの必要性についても調査する必要があります。

問題解決のプロセスからノイズを排除し、組織が実際に注意を払わなければならないことに努力を集中させるためには、イベント、インシデント、問題を区別することが重要です。

すべての問題に解決策があるわけではなく、すべての問題に解決策が必要なわけでもなく、すべての解決策を実行すべきでもありません。リーダーは、問題解決プロセスの成功の尺度として、解決した問題の数を考えることが多い。

成功とは、問題解決の量ではなく、解決策の質、実行可能性、そして組織に与えるポジティブなインパクトを最大化することです。インパクトに焦点を当てることで、リーダー(とそのチーム)は、すべての問題に解決策が必要なわけではないことを理解することができます。行動しなくても受け入れられる状況もあります。解決策が特定されている問題については、その解決策を実行することが常に意味を持つとは限りません。解決策は、価値とコストの両面から投資を検討する必要があります。解決策の中には、正のROIを生まないものや、(他のことをしないことによる)機会費用が組織にとって受け入れられないものもあります。このような状況では、ソリューションの導入を見送り、他のより価値の高い活動にリソースを集中させた方が、組織にとって良い場合がある。

もし、あなたの組織のビジネス、IT、製造業のリーダーが、すべての出来事、事件、問題が問題ではないこと、すべてが悪いことではないこと、すべてに解決策が必要なわけではないことを理解していないとしたら、おそらく、問題解決についても間違っているでしょう。Kepner-Tregoe社は、50年以上にわたって組織の問題解決能力の向上を支援してきました。そして、あなたの組織も支援することができます。

 

Kepner-Tregoe社は、世界中の組織が50年以上に渡って活用してきた、原因分析と将来の問題を防ぐための強力なツールキットを持っています。

関連

ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから