4 邪悪なほど複雑な問題を、危機になる前に解決するためのヒント

企業経営における危機の多くは、ある時点で発生したものではなく、時間をかけて蓄積された一連の要因が、あるきっかけで危機レベルの影響を与える環境を作り出しています。このような状況の多くは、相互依存関係や可動部品が複雑に絡み合い、問題解決を困難にしています。予期せぬ出来事を避けることは必ずしもできませんが、出来事が本格的な危機に発展するのを防ぐために、影響を軽減または抑制する環境を作るために、企業ができることがあります。

何十年にもわたる問題解決の経験から、大規模な事件や危機的状況の多くは、1つの要因ではなく、環境要因や問題要因の組み合わせに起因しており、適切な条件の下では互いの影響が増幅されることがわかっています。個々の要因に対処することで危機を遅らせることはできるかもしれませんが、真の緩和と回避には、全体像を見て問題状況全体に対処することが必要です。ここでは、企業の危機につながりかねない、邪悪で複雑な問題を理解し、解決するための4つのヒントをご紹介します。

1. 警告サインを見る - 煙があるところには火があるものです。知らない問題を解決することはできません。問題のある状況を特定するには、オペレーション内で何が起こっているかを理解するために、適切なモニタリング、遠隔測定、観察機能を備えることから始まります。ほとんどの製造装置、機械、ITシステムにはテレメトリー機能が搭載されており、オペレーターにコンポーネントのパフォーマンスや発生している可能性のあるエラー/例外についての情報を提供しています。多くの場合、コンポーネントのモニタリングだけでは十分ではありません。企業は、エンドツーエンドのプロセスや業務の全体像を把握し、システム全体やコンポーネント間の相互作用に焦点を当てたモニタリング機能を導入する必要があります。これらの機能の中には、自動化されたものもありますが(煙探知機を考えてみてください)、従業員の観察能力(煙の匂いを知っていること)が必要な場合もあります。

2. 問題解決に精通したスタッフの存在 - 最も洗練されたモニタリングやテレメトリを備えていても、誰かが注意を払い、生成された信号に基づいて行動しなければ、問題を防ぐことはできません。オペレーションスタッフ(経営陣と現場の両方)は、モニタリングや診断から、解決策、意思決定、予防策の実施に至るまで、問題解決のプロセスにおいて自分たちが果たす役割を理解する必要があります。オペレーションに最も近いところにいる従業員は、オペレーターとして、あるいは大局的な見地に立つマネージャーとして、何を見るべきか、いつ心配すべきか、どのような行動を取るべきかを知っておく必要があります。

3. 予防的メンテナンスを怠らない - ほとんどの製造プロセスやオペレーションプロセスには、物理的な機器、機械、テクノロジーコンポーネントが含まれており、これらは摩耗や故障しやすいため、他のオペレーションに影響を与える可能性があります。小さな問題に気を配り、予防的なメンテナンスを行い、機器を正常な状態に保つことで、重大な故障を回避することができます。機器の問題やメンテナンスの必要性の最初の兆候は、生産量のわずかな変動として観察できることが多い。生産品質管理のモニタリングと監査は、製造業の問題解決プロセスにおける重要な観察ツールです。機器のオペレーターも、機器の問題を特定するための優れた情報源です。人間の敏感な感覚(嗅覚、聴覚、触覚)と経験や直感を組み合わせることで、自動化されたセンサーが問題を認識する前に、オペレーターが機械や装置のメンテナンスの問題を特定することができます。

4. リスクマネジメント技術の適用 - 効果的な問題解決と危機回避のためには、リスクマネジメントが重要です。危機を引き起こす可能性のあるすべての要因に対処することは不可能なので、優先順位を決めなければなりません。構造化されたリスク管理では、ある状況が発生する可能性と、発生した場合の影響に着目し、その状況を緩和/回避するための行動にかかるコストとのバランスを考えます。組織が自由に使える時間とリソースは限られているため、問題解決の機会に優先順位をつける客観的な根拠を持つことで、危機を回避できる可能性が高まります。

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決と危機管理の業界リーダーとして、企業が非常に複雑な問題を解決し、オペレーショナル・エクセレンスを達成するために必要なプロセスの導入を支援してきました。KT社の専門家は、危機がビジネスに与える影響と、それを回避することの重要性を理解しています。

ブログ画像1
Everyday KT: 次のミーティングを実行する前に取るべき3つのアクション
ブログ画像1
跳ぶ前に見る
ブログ画像1
問題解決のための10のクイックヒント
ブログ画像1
問題解決のための10の日常的な使い方

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから