No More Bad Decisions:他人を巻き込んで意思決定を改善する

"さて、あなたはどう思う?"
新規チャネルセールスのディレクターは、市場シェアを拡大するためのキャンペーンのアイデアをチームメンバーに提示したところだった。彼女はメンバーの反応を見た。ある者は困惑し、ある者は怒り、ある者は彼女の視線を避けた。沈黙が続く。

やっと返事が来ました。パッケージ担当者は、手の込んだパッケージではホリデーシーズンの締め切りに間に合わないと断言した。マーケティング担当者は、小売店がクーポン割引を承認しなければならず、何度も打ち合わせをしなければならないと力説した。そして、財務担当者が最後の決定を下した。2つの主要製品が、それぞれの収益目標を達成するために必要な販売を妨げてしまうのだ。

意思決定において最も重要で、見落とされがちなことの一つに、誰が関与する必要があるかを特定することがあります。そして、それをできるだけ早い段階で行うこと。このセールスディレクターは、「見せて聞かせる」スタイルの意思決定ではうまくいかないことを知っていた。

方法論は変わらず...。

あなたも意思決定の場で、誰かがペットの代替案を持っていて、それを押し通そうと戦ったことがあるでしょう。優れた意思決定プロセスは、決して代替案から始まるものではありません。意思決定のための実際の方法論が変わることはありません。最高の意思決定者は、3つの重要な要素に注目し、いつも同じ順序でアプローチします。

1.目標の設定 まずは目的から、問いかけてみましょう。私たちは何を達成しようとしているのか?私たちが達成しようとしている結果は何か?これにより、正直でオープンな議論が可能になり、代替案に飛びつくこともなくなります。

2.オルタナティブの明確化 明確で具体的な目的が合意されて初めて、代替案が検討されます。この時点で、それぞれの選択肢を目的に照らし合わせて評価し、最も適したものを検討することができます。

3.リスクの管理 可能な選択肢は、リスクの観点から評価することができます。ある選択肢を選択した場合、何が問題になるのか、その可能性はどの程度なのか。

最終的な選択は、3つの要素が適切な順序で検討された後に行われます。

方法論は変わらないが、意思決定者は変わる

かつては、一方的なトップダウンの意思決定が主流でした。現在では、仕事は主にプロジェクトで行われ、意思決定はグループで行われます。しかし、誰を巻き込むべきでしょうか?リーダーは、適切な人を、適切な方法で、適切なタイミングで巻き込むことを学ばなければなりません。

もし、新規チャネル営業担当ディレクターが、意思決定プロセスを始める前に、誰がどのように、いつ関与すべきかを検討していたら、彼女の決断はどう変わっていただろうか。彼女は、より慎重でバランスのとれた選択をするために必要な情報と視点を持っていただろう。

他者を巻き込んでの決定

意思決定には、さまざまな人が、さまざまなレベルで、またプロセスのさまざまな段階で関与する必要があります。あらゆるレベルのリーダーが意思決定に他者を巻き込む必要があるのには、さまざまな理由があります。

情報を得るために 意思決定のプロセスに入る前に、リーダーはどのような情報が必要かを検討する必要があります。明確な目標を設定するために、他の人が必要になるだろうか?誰かが代替案を評価するために必要な情報を持っているか?誰がリスクを特定し、評価できるか?もし、新規チャネルセールスのディレクターがこれらの質問をしていたら、彼女は自分が選んだ代替案を適切に評価するための十分な事実を持っていないことに気付いたでしょう。

クリエイティブな代替案を考えること。 リーダーは往々にして、自分が問題の近くにいるから最良の答えを持っていると考えがちですが、距離を置くことで視野が広がることを理解していません。組織内の他のレベルや機能の人々は、リーダーのビジョンにはない革新的な選択肢を見つけることができます。もし、新規チャネルセールスのディレクターが自分の目標を共有し、ホリデーシーズン中に収益を2%増加させるという課題をチームに与えていたら、チームは効果的な代替案を見つけられたかもしれません。さらに、相談を受けていなかったため、いざ意見を求められても、チームメンバーは躊躇してしまいました。

コミットメントを得るために リーダーが一人で決められることもある。リーダーは、本題に入りたいと思うかもしれませんし、それが理にかなっている場合もあります。しかし、「チームをプロセスに組み入れなかった場合、私の決定にチームがコミットするだろうか」と問うことも意味があります。成功の鍵は、完璧な実行です。人々が憤慨していたり、同意していなかったり、行動方針を理解していなかったりすると、熱意を持って、細部にまで気を配りながら実施プロセスを遂行することはできないでしょう。思いやりのあるリーダーは、少なくとも、選択に至った主要な要素を影響を受ける人々に伝える努力をしています。

将来の意思決定者を育成するために 組織を継続的に成功させるためのリーダーの重要な役割は、後継者を育成することです。それは、意思決定をはじめとするマネジメントに必要なあらゆるスキルを部下に指導することです。

有能なリーダーは、意思決定の共有とは、上司から部下への会話ではなく、貴重な情報やアイデアを持った個人同士の会話であることを認識しています。決断を迫られたとき、リーダーは最初の段階で、チームメンバーが最善の解決策を導き出すために重要な役割を果たすことを伝えておく必要があります。

関連記事

ブログ画像1
意思決定。誰が関与すべきか?
ブログ画像1
誰が意思決定に関与すべきか?
ブログ画像1
意思決定:人間の偏り、避けられない不合理
ブログ画像1
ニーズが高まる「良い意思決定」のために

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから