変革を支えるビジネスコーチング

ペースの速い日々の仕事の中で、仕事の進め方を変えるのは大変なことです。多くの場合、以前のやり方に戻った方が楽だからです。しかし、リモートワークへの移行や、会社の成功を維持する必要性から、従業員は新しい職場環境に適応する必要があります。短期的には大きな変化ではないかもしれませんが、長期的には、従業員のエンゲージメント、柔軟なスケジューリング、継続的なコミュニケーションなど、無視できない課題が出てきます。

コーチとして行動するマネージャーは、部下が進めている仕事に関与することができ、仕事がいつも通りに進んでいると思い込んだり、マイクロマネジメントをしたりすることはありません。コーチやファシリテーターとしての役割は、従業員の日々の課題に干渉したり無視したりすることなく、彼らをサポートすることです。 コーチは、従業員が新しいワークフローに適応できるように指導し、新しいコミュニケーションチャネルが適切に使用されるようにし、柔軟な勤務時間に対応し、従業員が新しい責任に適応できるように支援します。

変化は決して容易ではありません。人間の変化はさらに困難ですが、最も変革をもたらすものでもあります

多くの企業は、「頼まれたから」という理由で社員が適応すると思い込んでいます。しかし、実際にはそうではありません。コーチングは、期待される行動が職場で肯定的かつ支持的に強化されていることを確認します。

フィードバックは、パフォーマンスを成功させるための重要な要素です。マネージャーやコーチは、フィードバックを利用して定期的に問題に対処し、従業員が余分な努力をしたり、仕事のやり方を改善する方法を見つけたりすることを促すポジティブなフィードバックを利用して、従業員が学び、改善する機会を提供することができる。監督ではなくサポートとして提供されるコーチングは、バーチャルプラットフォームを通じてタイムリーに提供されることで、従業員の日常業務に短時間で的を絞って対処することができる。優れたコーチングは、やり遂げることができるか、新たな効率性と生産性を達成できるかの分かれ目となることが多い。 マネージャーやコーチは、コミュニケーションを促進し、チームメンバーが意思決定や問題解決に必要なリソースに導くことで、プレッシャーの中でもチームが効果的に働けるようにすることができます。

コーチは、従業員が単独でもグループでも、自分の道を見つけやすくする触媒の役割を果たします。

コーチは、単に行動を監督するだけでなく、個人やグループがスキルや洞察力、専門知識を駆使して目標を達成し、成功裏に行動できるように注力します。今、何が必要なのかを明確に指導するコーチは、人々が集中し、そして効果的に前に進むことを助けます。

 適切な質問をし、状況を見直すようにチャレンジすることで、コーチは目隠し(「いつもこうしているのに」)を外し、新しい方法で状況を見ることができます。

マネージャーは適切な人材の関与をコントロールしますが、効果的なコーチは、従業員が自分の能力と責任を認識することで、自信を持って前に進むことができるようにします。困難な状況に陥ったとき、コーチは監督と構造を提供します。優れたコーチングは、個人の専門知識や洞察力を高め、新たな挑戦に向けてステップアップするための能力を高めます。

ビジネスのワークフローが進化していることで、パンデミックが去った後も残るような革新的な手法の機会がたくさんあるということです。 大勢の従業員が地理的に離れた場所にいて、厳しい時間枠の中で仕事をしていると、人材管理はさらに複雑なものになります。優れたコーチングの実践に真剣に取り組んでいる人にとっては、効率と効果の大幅な向上が期待できるだけでなく、チームからのサポートとコミットメントの構築も重要です。 そして、目的に向かって努力するチームを止めることはできません。

ケプナー・トリゴーについて

世界の歴史が大きく変わろうとしているこの時期に、皆様がお元気でいらっしゃることを願っております。 ケプナー・トリゴーは、60年以上にわたり、大手企業が急激な変化の中で成功を収めるための支援を行ってきました。また、コンサルティングや能力開発を通じて、難解な問題を解決し、トラブルや問題処理のパフォーマンスを向上させ、企業の最も重要な課題に対応できる効果的なチームを作るお手伝いをしてきました。

ブログ画像1
問題解決のためにはチームワークが必要
ブログ画像1
コーチング・ループと組織の成功
ブログ画像1
問題解決のためのエコシステム・アプローチ
ブログ画像1
問題解決能力を求める声が高まる中、体験型トレーニングを実施

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから