製造業の問題を解決するのに、現場が最適である5つの理由

by Leo JollyKepner-Tregoe

製造プロセスには、多くの可動部品(人、機械、設備、原材料)があり、それらがすべてシームレスに組み合わされて、お客様が期待する品質の完成品を安定して生産することが必要です。 残念ながら、多くの部品や可動部を持つプロセスは故障しやすく、問題が発生した場合の解決は困難です。 問題が発生したときに行動できるよう、適切な人材を育成することが重要です。製造業の問題の場合、適切な人材とは、現場で働く人たちです。

製造業の問題を解決するのに、現場が最適である5つの理由があります。

1.装置のオペレーターは、誰よりもプロセスを知っている

製造業の従業員は、毎日、機械や設備、オペレーションプロセスに接しています。 これにより、彼らは物事がどのように動作すべきか、また何か問題が発生したときに何をすべきかを理解するための実践的な経験を得ることができます。 設計者は、プロセスがどのように機能するように意図されているかを理解しているだけであり、ほとんどの管理者は、修正を実行するための実践的な経験がありません。

2.遠隔診断は収集するデータに制限がある

製造業にとって自動化は素晴らしいことであり、最新の機械のほとんどには強力なセンサーと監視機能が装備されていて、オペレーションスタッフに機器の性能をリアルタイムで伝えることができます。 しかし残念なことに、組み込まれたセンサーは、機器が設計されたときに考慮されたシナリオのみをカバーしており、機器が動作する環境や他の機器との相互作用を考慮することはほとんどありません。 現場の従業員は、製造プロセスがどのように見えるか、どのように聞こえるか、どのように感じるか、どのような匂いがするかを知っているので、微妙な変化が本格的な問題になる前に発見し、診断することができます。

3.早期指標や警告サインが現れるのは工場の現場

ほとんどの問題は瞬時に発生するものではありません。 多くの場合、問題発生の早期警告サイン(生産のばらつき、音やにおいの微妙な変化など)があり、自動センサーがオペレーターに影響を警告するまでに数時間から数日かかることもあります。 経験豊富な製造業の従業員は、何を警戒すべきか、そしてその信号が何を意味するのかを知っています。

4.未解決の問題の影響を感じている製造業の従業員は、問題が解決されることで得られるものが最も大きい

機器のオペレーターや現場の従業員は、製造上の問題(性能低下や停止など)によって直接影響を受けるため、問題が解決されることで最も得るものがあるのは当然のことです。 これにより、緊急性と重要性の両方が感じられ、問題解決のプロセスを早めるための効果的な動機付けとなります。

5.現場は(分析や議論ではなく)アクションに集中している

ショップフロアの従業員は、製造プロセスのアクターであり、原材料を完成品に変えるための直接的な役割を担っています。 彼らのスキルとマインドセットは、アクション(物事を行い、問題を解決する)に焦点を当てています。 それに比べて、マネージャーやアナリスト、オフィススタッフはディスカッション(問題について話すこと)に重点を置いています。 製造ラインが止まったとき、あなたの会社はアクションを必要とし、ショップフロアはアクションが起こる場所です。

適切な人材を確保することは、解決策の一部に過ぎず、問題を効果的に診断し解決するためのスキルとリソースを提供することも重要です。 問題解決のためのトレーニングを現場の従業員に提供し、彼らに問題解決のプロセスに参加してもらうことで、問題をより迅速に特定し、問題を効果的に診断し、製造プロセスをオンラインに戻して生産を再開するまでの時間を短縮することができます。

ケプナー・トリゴーについて

Kepner-Tregoe社は、オペレーションの問題解決における業界のリーダーであり、60年以上にわたり、様々な業界の企業がオペレーショナル・エクセレンスを達成するためのプロセスを導入することに取り組んでいます。 Kepner-Tregoe社のお客様のサクセスストーリーや最新のサービスについて、またKepner-Tregoe社がお客様の会社にどのように貢献できるかについては、以下をご覧ください。 こちら

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから