クラウドサービスがもたらすサプライチェーンの効率化

クラウド技術が登場して20年以上経ちますが、サプライチェーンの専門家がクラウドソリューションを導入するのは遅れています。しかし、多くの理由から、クラウドソリューションは現代のサプライチェーンに多くのメリットをもたらします。

クラウドベースのソリューションを使用すると、製品のライフサイクル全体を追跡することが非常に容易になります。また、製品を追跡することで、輸送のどの段階でも製品の所在を確認できるため、製品の紛失の可能性を大幅に減らすことができます。また、クラウド型のサプライマネジメントは、何らかの理由で貨物のルートを変更しなければならない場合に、迅速な意思決定と迅速なコミュニケーションを可能にします。

クラウドベースのサプライチェーン・マネジメントのメリット

従来のサプライチェーンマネジメントからクラウドシステムに移行する際の課題は大変なものですが、そのメリットはリスクや課題を上回るものになるでしょう。

クラウドベースのサプライマネジメントのメリットは以下の通りです。

1.スケーラビリティ - ビジネスは常に変化しており、変化するニーズにうまく適応するためには、ITシステムが進化する能力を持っていなければなりません。クラウドサービスを利用すれば、インフラやソフトウェアシステムに莫大な投資をすることなく、迅速にサービスを拡大することができます。

2.迅速な導入 - 社内で新しいソフトウェアを導入する場合、数ヶ月かかることもありますが、クラウドで新しいサプライチェーン・システムをアップグレードまたは導入する場合、専門業者であれば数日から数週間で新しいサービスを開始することができます。クラウドベースの新システムへのデータ移行には時間がかかる場合がありますが、ほとんどのプロバイダーは迅速なサービスを提供することができます。

3.3. コスト面でのメリット - クラウド上でのサービスの拡張は、社内に設置する場合に比べてはるかに経済的です。クラウドプロバイダーの施設では、リソースがすぐに、そしてオンデマンドで利用できます。

4.効率性 - クラウドベースのサービスを活用することで、システム管理業務を行っていた技術スタッフを、研究や製品開発などの他の分野に移動させることができます。これにより、スタッフを増員することなく、迅速な技術革新が可能になります。クラウドサービスを利用した場合、ダウンタイムを制限するための専門チームが利用できるため、一般的に停止時間は大幅に短縮されます。

5.アクセシビリティ - オンサイトシステムでは、情報にアクセスするために従業員が施設内にいなければならない場合があります。クラウドコンピューティングは、スタッフがどこにいても利用できます。ドライバー、マネージャー、技術者など、あらゆる人がどこからでも必要な情報にアクセスできるようになり、効率が大幅に向上します。

6.柔軟性 - 商品の位置情報や、輸送に関する問題点などの最新情報に瞬時にアクセスできるため、必要に応じて商品のルートを変更するなど、迅速な意思決定が可能になります。また、貨物の動きが遅い場所を把握して、目的地まで迅速に移動させることができます。クラウドサービスを利用することで、チャンスを逃すことが少なくなります。

サプライチェーン・マネジメントの基本的な問題の一つは、製品がどこにあるかを常に把握することです。通常のオンサイトシステムであれば、電話やメールで問い合わせをして、せいぜい数分、あるいは数時間から数日で答えが返ってくることが多いものです。

最新のクラウドベースのサプライチェーンマネジメントシステムは、これらの情報をリアルタイムに、かつオンデマンドで提供してくれます。かつてはサプライチェーンマネジメントの聖杯とされていたサプライチェーンの可視化は、今や現実のものとなっています。

ケプナー・トリゴーについて

Kepner-Tregoeは何千もの企業に力を与え、何百万もの問題を解決してきました。KTは、オペレーション、製造、ITサービスマネジメント、テクニカルサポート、学習・開発などの分野で、データに基づいた一貫性のあるスケーラブルなアプローチをお客様に提供しています。お客様が問題を解決できるようにサポートします。KTは、問題の根本原因を明らかにし、組織の課題に恒久的に対処するために特別に設計された、スキル開発とコンサルティングサービスを独自に組み合わせて提供しています。問題解決に向けたKTのアプローチは、品質と効果を向上させ、全体的なコストを削減したいと考えている企業に、測定可能な結果をもたらします。

関連

ブログ画像1
十分に重要な施策であれば、管理されます。
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスへの道。パート1
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスへの道 パート2:実行
ブログ画像1
オペレーショナル・エクセレンスへの道、パート3:ハイパフォーマンスなカルチャーとフォーカス

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから