コインをはじいて、悩みを解決する。そんな簡単なことなら

毎日、私たちはさまざまな選択を迫られています。朝食に何を食べるか、といった簡単な選択もあります。心臓に良いオートミールか、それともシロップたっぷりのワッフルか?製造コストをあと3%削減するにはどうしたらいいか?

もし、すべての決断を簡単にする、冷静な方法があるとしたらどうでしょう?私たちの友人である フリーコノミクス 最近、そのようなウェブサイトを立ち上げました。あなたの悩みを伝えると、あるいはあらかじめ決められた悩みのリストの中から選ぶと、アンケートを通じてあなたが決断するのを手伝ってくれます。それでも決められない場合は、コインを投げてくれる。スティーブン・レビット曰く、「コイントスは他のどんな解決策にも勝る」のだそうです。

私たちは、長年にわたり、個人の意思決定プロセスを指導したり、組織チームのファシリテーターをしてきましたが、人間行動学の専門家がこのようなことを言うのは、控えめに言っても驚くべきことだと思います。私たちの経験では、良い意思決定とは、「正しい意思決定」をすることではありません。それは、入手可能な最良の事実と、その決定によって何を達成しようとしているのかを明確に理解し、さまざまな選択肢が示す「利益とリスクのバランス」に納得した上で、意思決定を行うことなのです。そして、いったん選択がなされると、意思決定プロセスを可視化することで、その決定をスムーズに実行するための道筋がより深く理解できるようになるのです。要するに、正しい決断をすることよりも(そんなものはない)、情報に基づいた決断をすることが重要なのです。

もし、あるコンサルタントがお客様に「製造工場を拡張するかどうかはかなり難しい決断ですが、コインをひっくり返すのは他の決断と同じです」と言ったとしたら、想像できますか?しかし、どうやらこのアプローチにメリットを見出す人もいるようです。皆さんのご意見をお聞かせください。

ブログ画像1
クリティカル・シンキングに必要なのは、どのような質問をするかということです。
ブログ画像1
クリティカル・シンキング・スキル次の世代のためのビルディングブロック
ブログ画像1
クリティカルシンキング。あなたの履歴書には、この求められているスキルの証拠がありますか?
ブログ画像1
クリティカル・シンキングが文明を救う

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから